マレーシア独特、体に沁み渡るスープが簡単に作れる激安スパイスミックスのご紹介!

マレーシア風の骨つき肉スープが作れるスパイスミックス

今回は、最近はまっているスパイスミックス(スープの素)のご紹介です。マレーシアで料理を作る機会があればぜひおすすめしたい、簡単に美味しく体にいいスープが作れちゃうスパイスミックスです。

日本では病気の時といえばおかゆやうどん、梅干し、卵料理などが一般的かもしれませんが、マレーシアでは中国文化の影響もあり、薬膳スープを食べる文化が浸透しています。

今回ご紹介するスパイスミックスは中華風ではなく、どちらかといえばマレー風のスパイスミックス。値段も安くてレシピもとても簡単なので、ぜひ機会があれば作ってみてくださいね。

マレー風スープスパイスとは

マレー語でスープ用のスパイスミックスは「Rempah Sup」といいます。シナモン、八角、仁丹、など様々なスパイスがちょうど良い量で配合されています。

主にスーパーで手に入れることができますが、たくさん種類があり、どれを選べばいいか迷います。

マレーシア風スープの素は種類がたくさんある
壁や棚に吊り下げられているスープ用スパイスミックス

写真のように、スープの種類によってスパイスが異なります。また、様々なメーカーから販売されていて、お値段は1.2〜1.5リンギット(約 39 円)とお安いです。

気に入ったものがあれば、袋をベリベリっと台紙から引き剥がして購入します。日本ではこういう形で売っている商品に慣れていないので、最初は抵抗がありました。

一番おすすめは骨スープ (Sup Tulang)

それでは、いよいよ個人的に一番おすすめの商品のご紹介です。

上の写真の真ん中の商品。「abadi」という会社が販売している「Sup Tulang」です。黄色と緑のパッケージです。

だいたいどのお店でも1.3〜1.5リンギット(約 39 円)ほどで購入することができると思います。

「Sup Tulang」の説明ですが、「Sup」はスープ、「Tulang」は骨の意味。つまり、骨つき肉を使ったスープに適したスパイスが配合されてるんです。

この場合の骨つき肉は、骨がついてれば牛でも豚でも鶏でもお好きなもので大丈夫かと思います。必ず骨つきを使用してくださいね。コクが全然違います。きっと栄養分も違うでしょうね。

これまで、豚のスペアリブや手羽を使ったスープを作りましたが、とても美味しくいただきました。

マレーシア風の骨つき肉スープが作れるスパイスミックス

写真の商品も試して見ました。右側の「Bunga Raya」というメーカーのものはそこそこのお味でしたが、左の「Cap Mata」の商品は個人的にはいまいちでした。

人によって好みは違うと思いますので、よければ色々な商品を試して比べて見てくださいね。

スパイスミックスを使ったスープの作り方

上に挙げた「Rempah Sup Tulang」1袋を使ったスープの作り方をご紹介したいと思います。あくまで、一番シンプルなバージョンですので、お好きにアレンジしていただければと思います!

材料

まずは揃える必要のある材料です。基本的に必ず入れている材料を中心に書き出しています。

  • 骨つき肉 800-1000グラム
  • 生姜
  • にんにく
  • 赤玉ねぎ
  • じゃがいも
  • にんじん
  • 水10カップ

基本的にはこの材料で大丈夫ですが、仕上げ前にトマトや香草(パクチー、セロリの葉、ネギなど)を加えても美味しいです。

各材料の分量は、好みやその時にあるものを使って適当に入れてます。配分はカレーやシチューを作るときの配分を意識するといいかと思います。

作り方

レシピはいたって簡単。

  1. 生姜、にんにく、赤玉ねぎを油で炒める
  2. 香りがしてきたらじゃがいも、にんじん、水を加える
  3. 続けて骨つき肉、スパイスミックスも投入し、材料全てを煮込む
  4. 十分に煮込んだあとトマトを入れて火を通す
  5. 最後に塩で味付けして、仕上げに香草を散らす

これだけです。炒めるのが面倒臭い方、体調の悪い時で油を使いたくない場合は全ての材料を煮込むだけでも大丈夫です。

味付けは塩だけですが、十分に骨つきスープから味が出ていて美味しいです。またスパイスが効いているので塩気が少なくてすみます。

本当に天然のスパイスだけで煮込んでいるので、とっても体にいいスープが出来上がります。

ちなみに、スパイスミックスは細かい材料がガーゼに包んでありますが、ガーゼのまま煮込んでくださいね。そして煮込み終わったらガーゼのまま取り出して捨ててください。

さいごに

マレーシアのスパイスミックスを使った、庶民的なスープのご紹介でしたが、いかがでしたか?

もしかするとこれまでスーパーで気にはなっていたものの、どんな味なのか想像がつかず手が出なかった方も多いのではないでしょうか?

中華系の薬膳スープ「バクテー」は日本人の間でも有名で、スープの素を買って作ったことのある方も多いと思いますが、ザ・マレーシアな感じの「Rempah Sup」はなかなか勇気がいるかもしれません。

ですが、バクテーの素と比べてかなり安価ですし、作り方も超簡単。マレーシアで料理する機会のある方は、ぜひ一度試して見てくださいね。

関連記事:マレーシアのたまご事情。生卵は?半熟は?洗った方がいい?