マレーシア旅行の移動に便利!オンラインでチケットの予約ができる「easybook.com」

マレーシア旅行のチケットオンライン予約サイト

マレーシア国内、あるいは国境をまたぐ旅のプランを立てる際に役立つ、オンラインチケット予約サイトをご紹介したいと思います。

最近日本では旅行といえばオンライン予約が普通になっています。特に個人旅行で自分で手配する方にとっては、前もってオンラインで予約ができるメリットは非常に大きいと言えます。

実はマレーシアでも最近ショッピングや旅行関係の分野でオンライン化が急速に進んでいて、田舎だと思われているボルネオ島の東マレーシアですら、バスの予約はオンラインで便利に安く済ませる人が増えているんです。

というわけで、今回はマレーシアの交通機関を利用する際に非常に便利なオンライン予約サイト、「easybook.com」の使い方を解説したいと思います。

easybook.comの使い方

取り扱いのあるチケットの種類

まずはこのサイトで扱っているチケットジャンルのご紹介です。

このサイトではバス、電車、フェリー、レンタカー、航空券、ホテルのチケットを扱っています。

サイト言語と利用可能な国

まず利用可能な国からですが、サイト上部の国旗もしくは中央部の国旗をクリックすると国を選択することができます。

2019年11月現在利用可能な国は9か国。シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ブルネイとなっています。東南アジア諸国は大体網羅されているので一括で検索できて便利ですね。

国旗をクリックして国を選んだら、言語、通貨の選択をすることができます。例えば、マレーシアをクリックすると、英語、マレー語、中国語の3つから選択できます。

通貨は米ドル、シンガポールドル、マレーシアリンギット、インドネシアルピアなど9か国の通貨すべてを選択できます。

今回は、マレーシアリンギットを選択して検索していきたいと思います。

バスのチケットを検索

検索の方法

それでは早速、マレーシア国内を移動する高速バスを検索してみましょう。

検索の仕方は簡単。飛行機を検索するときのように、往復か片道、出発地、到着地、出発日、人数などの情報を入力します。

今回は、クアラルンプールからマレーシアの人気観光地マラッカまでの便を検索してみました。

こんな感じで、時間順に乗車可能な便が出てきます。なんと100便以上もの検索結果が表示されて驚きでした。

検索結果を分析してみた

意外にも、深夜便や早朝便が普通に運航されているのが心強いですね。日本からだと中途半端な時間にクアラルンプールに到着なんて事もあり得ますから。

これだけチョイスがあれば、時間を有効活用した旅のプランを組めそうです。

ちなみに、料金や到着地、所要時間は便によって異なるようです。同じクアラルンプールからマラッカセントラルであっても、18リンギットの会社もあれば11リンギットの会社も。

また、一口にマラッカといっても、到着地もマラッカセントラルだけでなく、マスジッドタナ、アローガジャ、ジャシンなど目的によって選択できます。

予約の方法

では、いざ便を選択したら予約ですね。予約に進んだ後もプロセスは至ってスムーズでした。

座席の選択

乗りたい便をセレクトすると、座席の選択画面が出てきます。

画面の赤いシートはすでに埋まっていますので、白抜きの番号の中から選びます。今回は3B、3Cを選びました。往復の場合は帰りの便も同じように選択します。

必要事項の入力

座席を選択したあとは、いよいよ予約に必要な情報を入力していきます。

上から順に、敬称(Mr/Ms)、名前、emailアドレス、電話番号、パスポート番号、国籍、利用人数などの情報を入力します。

注意すべきポイント

この入力画面で注意していただきたいポイントが二点あります。次の画面をご覧ください。

1点目は、トラベル保険(RM2)が自動的に選択されています。もし、保険が必要ないようならチェックを外すことをお忘れなく。

2点目は、さりげなく項目が用意されている「Discount」という欄です。一瞬見逃しそうになりましたが、何やら割引コードがある模様。

プロモーションコードで割引有り

早速「easybook.com promo code」で検索してみました。いくつかサイトが出てきましたが、今回利用させてもらったのがこちらのサイトのプロモコードです。

プロモ以外にもディスカウントの案内などチョイスがいくつかありましたが、実際に利用したのがこちら。

バスのチケットが11%オフになるプロモーションです。

「ViewCode」をクリックするとプロモコードが表示されますので、コピーアンドペーストで先ほどの入力画面の「Discount」に貼り付け、そのあと「Apply Code」をクリックすると自動で計算して料金を引いてくれます。

するとトータルの料金が出てきますので、料金を確認してから支払い画面に進んでください。

支払い

最後はいよいよ支払いですね。支払いにはクレジットカード、ペイパル、マレーシアの銀行口座、Grabpayなどが選択できるようになっています。

今回は普通にクレジットカードで支払いをしたので、Option3からカード種類を選択して支払いました。

支払いが完了すると、先ほど入力したメールアドレスに「Bus Order Summary」がPDFファイルで添付して送られてきます。あとはプリントアウトして、当日カウンターに持って行くだけです。

さいごに

今回はマレーシアで交通機関の予約をする際に役立つオンライン予約サイトをご紹介しましたが、いかがでしたか?

マレーシアには他にもオンラインで予約ができるサイトはたくさんあるのですが、今回実際に利用してみておすすめだと思ったので記事にしました。

サイトが見やすく、検索や予約に関係する操作もわかりやすくてストレスなく予約を完了することができました。

もしマレーシア旅行でオンライン予約ができるサイトで迷っておられるようでしたら、「easybook.com」一度のぞいて見てくださいね。