マレーシアの道路標識、意味を理解して安全に運転しよう

マレーシアの道路標識

マレーシアでよく見かける道路標識

第三弾の今回。メジャーな標識から珍しい標識まで、マレーシアの路上で見かける道路標識を取り上げています。

注意

マレーシアの道路標識

マレー語では「AWAS」。直訳すると「危険」です。びっくりマークなので、誰がみてもわかりますね。

マレーシアの道路標識

このように「AWAS」と文字で警告している場合もあります。「事故多発ゾーン」の注意を喚起する標識です。

マレーシアの道路標識

こちらは「注意しながら走行」という意味です。

スリップ注意

マレーシアの道路標識

学校あり。子どもに注意

マレーシアの道路標識

ホーン禁止エリア

マレーシアの道路標識

前方ボンゴルあり

マレーシアの道路標識

ボンゴルとは、特に生活道路上に作られている、道路が盛り上がっている部分です。学校エリアや住宅エリアなど、スピードを強制的に減速させるために設置されています。

マレーシアのボンゴル

写真の手前は黄色のラインですが、奥に黄色と黒のストライプの部分が見えますでしょうか?これがボンゴルです。

気付かず普通の速度で通り過ぎようとすると車が跳ねることになり危険です。そのため、「前方にボンゴルがありますよ、注意してください。」というサインがあえて出されています。

障害物あり

マレーシアの道路標識

おもしろい看板ですね。まるですごろくのよう。

左車線走行・右車線走行

マレーシアの道路標識マレーシアの道路標識

前方止まれ

マレーシアの道路標識

でこぼこ道路

マレーシアの道路標識

緊急時以外駐車禁止

マレーシアの道路標識

「KECUALI KECEMASAN」は「緊急時のみ」の意味です。マレー語では「KECEMASAN」が緊急事態を指します。

→  案内標識からマレー語を勉強