衛生用品で日本から絶対に持ってくるべきアイテムとは【必需品】

マレーシアにも十分な量の衛生用品は揃っています。最悪持ってくるのを忘れた場合には、こちらでほとんど手に入れることができると思います。

そういう意味では数日から数週間の短期滞在はほとんど心配する必要はありません。

ですが、長期滞在・移住の場合は違います。少しでも快適に生活するため、絶対これは持ってきた方がいいというものがあります。

「爪切り」

たかが爪切り、されど爪切り。

特に日本で爪切りにこだわりがない方も、こちらの爪切りを使ってみると日本の製品のありがたさが分かると思います。

爪切りはぜひ日本で使っているお気に入りのもの、もしくは少し質の良いものを購入して持ってきてください。

「耳かき」&「綿棒」

やはり日本の製品は違います。繊細に作られているというか、雑じゃない。気持ちよく耳掃除したい方は、ぜひ日本からもってきてくださいね。

ただし、最近はマレーシアでもダイソーが多く出店しています。ダイソーの綿棒で十分という方は、ダイソーで揃える方が楽かもしれません。

※マレーシアのダイソーは一点5.9リンギット(約 156 円)

「体洗いタオル」

これは日本で体洗いにタオルを使っておられる場合ですが、我が家は毎回日本に帰るたびに新しいものを購入して、古いものと交換しています。

これもダイソーに売っているので、もし忘れてきた場合にはこちらでも手に入るかもしれません。

「毛抜き」

最初は全く毛抜きのことが頭になく、持ってきていませんでした。

毛抜きって毎日使うわけじゃないですよね。それですっかり忘れていたんですが、いざ使おうと思ったときになくて、こちらで購入したら全然毛がつかめない。

こちらのダイソーにも置いてますが、質はよくないです。

毛抜きはちょっとお金を出してでも、絶対に日本製が一番だと思います。毛抜きを使う予定の方は、くれぐれもお忘れになりませんように。

十分使えるマレーシアの生理用ナプキン