ラクサ ( Laksa ) を食べずしてマレーシアは語れない?

ラクサ

ラクサとは

ラクサとは、マレーシアを代表する麺料理。実はマレーシアだけではなく、お隣のシンガポールでも食されています。元々は中華系の子孫である「ババ・ニョニャ」の麺料理。ただし、スープに豚は使っていません。イスラム教徒でも食べられる麺料理としてマレーシア全土に広がっています。

ラクサの語源はサンスクリット語の「多く」を意味する単語だと言われています。その語源の通り、ひとくちにラクサといっても種類が豊富。日本のラーメンが地域によって異なるように、マレーシアのラクサも地域によって麺や味の違う「ご当地麺」が楽しめるのが魅力です。

ラクサの種類

その 1 ペナンラクサ

ペナンラクサ

ペナンラクサは、別名をアッサム・ラクサといいます。麺は米粉を使った押し出し麺。スープは魚ベースのダシにタマリンドで酸味を出しています。好みは分かれるかな?という独特の味かもしれません。トッピングには生の唐辛子、スライス玉ねぎ、ミントの葉、きゅうりなどが一般的です。

その 2 サラワクラクサ

サラワクラクサ

その名の通り、ボルネオ島にあるサラワク州で主に食されているラクサ。麺は一般的にはビーフンが使われていますが、中華麺・ビーフン・米粉の平めん (クイティアオ) から選べるお店が多いです。

スープは鶏だしにココナッツミルクが効いていて、なおかつスパイシー。日本のラーメンの要領でズルズルっといくとむせることがありますのでご注意を。

トッピングには錦糸卵、エビ、もやし、鶏の胸肉などが入っています。お好みで別容器にサンバルブラチャンと呼ばれるコクの出る調味料、それにライムが添えられています。

その 3 カレーラクサ

カレーラクサ

カレーラクサはクアラルンプール周辺で食べることの多いラクサです。写真からも伝わるかと思いますが、カレーとココナッツミルクを融合させた、東南アジアっぽい味の麺料理。具材は店によって違いはあるものの、油揚げ、もやし、魚のすり身、鶏肉などがメインとなります。

その 4 ニョニャラクサ

ニョニャラクサ

ニョニャラクサとは、マレーシアの古都マラッカで主に食べられているラクサ。スープにはカレー味ベースでココナツミルクやエビのだしが加えられており、ピリ辛ながらまろやかな美味しさが特長です。

トッピングは千切りきゅうりやエビ、油揚げやゆで卵など。添えられているリマウをギュッと絞って食べると一気に爽やかな酸味のスープに変身します。

そのほかにも、たっぷりの野菜をトッピングにして食べるスパゲティー麺を使ったジョホールラクサ、コタバルやトレンガヌ地方で食べられるラクサム、ケダ州のラクサケダなどがあります。