マレーシアでもキューピーのドレッシングが買える!

マレーシアのキューピー製品

先日、鍋からドアノブから輸入食品まで様々な商品を扱ってる大型スーパーへ買い出しに行ってきました。

その際に見かけたキューピーブランドのドレッシング。一棚すべてキューピーだったので、びっくりして思わず写真を撮ってしまいました。

マレーシアは親日国で、日本食が売っているのは当たり前。最近は田舎のスーパーにでも日本食が売っていたりしてびっくりします。

こんな感じ↓

マレーシアのスーパーの日本食コーナー

というわけで、日本食が並んでいるのは見慣れていたのですが、今回はあまりにもキューピーが棚を占領していたので目に止まり。。。

しかも、並んでいたドレッシングの種類は、いりごまとしょう油の2種類のみ。

写真を見ていただけるとわかりますが、いりごまの方が圧倒的な面積の占有率!10対9くらいの割合で、いりごまドレッシングの圧勝です!

しょう油味はマレーシア人にも受け入れやすいかと思うのですが、まさかいりごまの方がこんなに受け入れられてるとは、かなり驚かされました。

サイズも、いりごまの方は大中小と各サイズ揃ってます。それに対してしょう油味はサイズ小のみ。

お値段はそれぞれ、大=34.60(約 940 円)、中=18.20(約 494 円)、小=8.40(約 228 円)でした。一方しょう油ドレッシングの方は一番小さいサイズが7.40(約 201 円)。

これくらいの値段なら、日本からわざわざ重たいドレッシングを持って帰ってくる必要もなさそうです。

マレーシアは年々日本から入ってくる食品の種類も増え、ますます住みやすくなっています。

ついでにですが、写真の下段にあるのはキューピーマヨネーズ。

マレーシアで売ってる日本のドレッシング

日本のマヨネーズと近い味の方は「Japanese Style」と表示されています。赤い方ですね。

そして、お隣のグリーンの方は、「Sandwich Spread」と表示されています。マヨネーズに関してはグリーンのサンドイッチに使うようが人気ですね。

日本だとサンドイッチでも普通のマヨネーズを使いまわしますが、マレーシアではサンドイッチ専用のマヨネーズの方が需要が高いようです。

以上、最近スーパーで見かけたキューピー製品のご紹介でした。

マレーシアのスーパーで買い物。買った物と値段を公開します。