マレーシアの最新情報はTwitterで

マレーシアのカップラーメン王者マギー(Maggi)のおすすめランキング|8商品を食べ比べしていきます

身も蓋もない話ですみませんが、カップラーメン最強といえばやっぱり日本ですよね。日清のカップヌードルにUFO焼きそばあたりはもはや、“ベストカップラーメンインザワールド”だと思ってます。

でも、マレーシア在住の身としては、そうした日本のカップラーメンは特別な日のごちそう。もったいなすぎて、ちょっと小腹が空いた時に食べようとは思えません。

そこで、どうしてもマレーシアに売ってるカップラーメンのラインナップの中から、“これならいける!”と思える、ちょっとまともなカップラーメンを探してみようと思い立ちました。

今回は、企画第一弾ということで、マレーシアのラーメン業界の王者『マギー(Maggi)』のカップラーメン8種類を比較してみました。

決して“おいしいカップラーメンの中でのベストランキング”ではなく、“そこそこいけるカップラーメンを順番に並べたランキング”になりますので、お間違いなく。

実食した感想は5項目に分けて分析し、なおかつ全体的なバランスが分かるように総合評価も付けました。

今回の企画は、1つ実食するたびにランキングに上げていく方式にします。つまり、最初の1発目はもちろん1位ということになります。2回目以降は、それ以前に食べた商品と比較してのランク付けになります。M-1グランプリみたい?

それでは早速、食べていきます。

第1位【HOT CUP TOM YAM】やっぱりトムヤムが文句なしの1位!と思ったけど好みもあるか?

商品名:Maggi HOT CUP TOM YAM
価格:RM1.6 (約 40 円)
内容量:61g
カロリー:268Kcal

[6食目]の食べ比べには、密かに食べる前からこれが1位だろうと踏んでいた「トムヤム」をチョイス。はっきりいって、マレーシアでトムヤム味でおいしくないって終わってるよね?

トムヤムの粉、おいしそうな匂いがすでに鼻を刺激。多分間違いなくおいしいと思います。

確信を持って最初の一口すすってみましたが、やっぱり期待を裏切らないおいしさ!スープ、麺、スープ、麺と交互に食べ進めると、あっという間に完食。

「予想通りこれがぶっちぎりの1位か〜」と思いながら頂きましたが、味のおいしさに気をとられて、舌に残るスパイシーさを見逃してました。

個人的にはトムヤムは辛くて当然だし、辛みの中に旨みがあるということで全然オッケーなんですが、もしするとこの辛みも、そもそもトムヤム味そのものが苦手な日本人もいるか??

実食結果
スープのうま味
(4.0)
スパイシー度
(4.0)
コスパ
(4.0)
味の濃さ
(4.0)
リピート度
(4.5)
総合評価
(4.0)

と言うわけで、2位にしようと思ってた【カレー味】と同列1位に決定しました。あとは好みの問題すね。

これも第1位【HOT CUP KARI】スパイシーだけど安定のカレー味。香りが食欲をそそる!

商品名:Maggi HOT CUP KARI (カレー味)
価格:RM1.6 (約 40 円)
内容量:59g
カロリー:268Kcal

[第2食目]マギーのカップラーメン食べ比べ、2回目の今回は、予告通り【HOT CUP KARI】を食べました。みんなが大好きカレー味のカップラーメン。マレーシアでもカレーヌードル系の料理は大人気です。

先回と同じく、調味料、具、フォークとマギーの基本の3点が入ってます。調味料をドバッといれた瞬間に広がるカレーパウダーの匂いが期待値を高めます。

お湯を注いで3分。早速いただきます。

とりあえずの感想⇒うん、まずくはない笑。やはり、スープに旨みはないですね。でも、パンチはあるんです。香りもいい。食欲をそそります。これは先回食べた【SUP AYAM】よりはいける!

とはいうものの、食べ進めるにつれてやはりカレー粉でごまかしてる感が強くなってきました。そして思っていたよりピリ辛。スパイシー。もしかすると辛いものが苦手な人は無理かも。

後味も、口の中に辛さが残ります。汗をかく辛さ。でも、辛いけど塩分は濃くなく、ちょうどいい感じです。最終的な満足度は高め。これはまたリピしますね。

実食結果
スープのうま味
(4.0)
スパイシー度
(4.0)
コスパ
(4.0)
味の濃さ
(4.0)
リピート度
(4.5)
総合評価
(4.0)

というわけで、2食目の【HOT CUP KARI】は暫定1位となりました。次回は、【PEDAS GILLER AYAM BAKAR】という焼きそば麺にチャレンジしたいと思います。辛そう。。。

第2位【HOT CUP ASAM LAKSA】いろんな意味でマレーシアらしさ全開!

商品名:Maggi HOT CUP ASAM LAKSA (アッサムラクサ)
価格:RM1.6 (約 40 円)
内容量:60g
カロリー:263Kcal

[第4食目]の今回は、ホットカップシリーズ、アッサムラクサ味に挑戦しました。

スパイシー感が伝わってくる調味粉

何位にするのか非常に迷ったのですが、日本人の味覚で考えると好きではない人もいるかな?という思いがよぎり、2位で落ち着きました。(迷ったのは1位か2位か。。。大接戦でした)

お湯を入れて、3分まって。。。早速いただきます!

口に入れた瞬間の感想は、「ちょっと味が薄め?」「でも結構スパイシーだな」でした。この時点では思っていたより期待外れかな?と思っていたのですが、食べ進めるうちによりおいしく感じるように。

スープは軽めのアッサムラクサ、という感じで、レストランで食べるアッサムラクサの魚臭さは全くありません。日本人でも食べやすい味に仕上がっていると思います。

食べ終わる頃には、舌がしっかりと“おいしい”と認識するように。食べ始めと食べ終わりでこんなに感覚が変わるのかと驚きでした。

見出しに書いた『マレーシアらしさ全開!』の理由は大きく分けて2つ。

まずは、マレーシアを代表するアッサムラクサというスープ味なこと。マレーシアらしいカップラーメンをお土産に買いたい方にもおすすめです。

もう1つのマレーシアらしさとは、スパイシーさはがっつりな割りに、旨みがちょっと少なめという点。

レストランなどでいただくアッサムラクサ麺は、魚のダシをしっかりと取っていて旨みも感じられるのですが、このカップラーメンではそこまでの再現は難しかった模様です。

実食結果
スープのうま味
(3.5)
スパイシー度
(4.0)
コスパ
(4.0)
味の濃さ
(3.5)
リピート度
(5.0)
総合評価
(4.0)

と言うわけで、今回は【HOT CUP ASAM LAKSA】をいただきました。

一応2位になってますが、1位のカレーか2位のアッサムラクサかは正直好みの問題かな?と感じます。同率一位も考えましたが、ランキング上ややこしいので、とりあえず2位に収めた次第です。

次回は、例の超激辛焼きそば麺シリーズ【PEDAS GILLER SEAFOOD BERAPI】に挑戦したいと思います!

第3位【HOT CUP SUP AYAM】
味は薄めだけど万人受けしそう

商品名:Maggi HOT CUP SUP AYAM (チキンスープ)
価格:RM1.6 (約 40 円)
内容量:57g
カロリー:254Kcal

[第1食目]全8商品のうち、1食目に選んだのは【チキンスープ】です。数あるマギーカップラーメンの中で1番ベーシックと思われる商品です。良くいえば万人受けがいい?悪くいえば無個性。

フタを開けると、具材入り小袋と、調味料入り小袋、そして折りたたみフォークが入っていました。見た目がとにかくシンプルですね。

調味料と具を入れるタイミングが分からなかったので、一応作り方を確認しました。とりあえず全部いれてお湯を注げ!ということでした。簡単。後は3分待つのみです。

実食してみた第一声。「味が薄い、何か物足りない・・・」。とにかく、全体的に見た目通りのシンプルな味わい?で、ラーメン全般に期待するコクがないです。

スープの味は鶏コンソメ。そして後味に若干パクチー?セロリ?というような香りが口の中に残ります。

とはいえ、圧倒的なあっさり感で抵抗なくスルスルと食べ進めることができます。マレーシアの数あるカップラーメンの中では、まだ日本人受けはいいほうかも?

実食結果
スープのうま味
(2.5)
麺の食感
(3.0)
コスパ
(4.0)
味の濃さ
(2.5)
リピート度
(3.0)
総合評価
(3.0)

第4位【PEDAS GILER 2× Seafood Berapi】ほんのり旨みも、すするな危険!

商品名:PEDAS GILER 2× SEAFOOD BERAPI
価格:RM3.3 (約 83 円)
内容量:98g
カロリー:461Kcal

[第5食目]に食べたのは激辛焼きそばシリーズの「シーフードブラピ(SEAFOOD BERAPI)」です。前回すでに同シリーズ「アヤムバカー」を食べていたので、ある程度激辛の度合いは予想していました。

ソース入れた時点ですでに辛そう。でもまだ気持ちの余裕はあり。

前回激辛シリーズを試したときより、今回の方がより辛みが強い予感。カップに顔を近づけただけで相当辛いことが伝わってくるんです。

しっかり混ぜきったあとの麺。この時点ですでに匂いだけでむせかける。

ソースがしっかりと絡んだ焼きそば麺、見た目はおいしそう。覚悟していただきます〜。

あ、あかん、箸でつまみ上げただけで、口の中に入れる前から顔周りがポカポカしてきました。。。カプサイシン効果?一旦箸を下ろして、再度心の準備を。。。

エイッと思い切って一口食べたところ、火を吹く辛さで、一瞬で闘うのをあきらめました。あ、でも冷静になって先回食べた「アヤムバカー」と比べると、こっちの方が若干旨みがある?シーフードだから?

でも、旨みが多少あっても、辛すぎたらやっぱり無理。結局今回もこうなっちゃいました笑。

今回は、マヨネーズ、あおさに加えて鰹節もどっさり入れてみた。トッピングでなんとかかんとか辛さをごまかし、もはやオリジナルの味が分からない形で終了。

実食結果
うま味
(3.0)
スパイシー度
(5.0)
コスパ
(3.0)
味の濃さ
(3.5)
リピート度
(1.0)
総合評価
(2.0)

というわけで「PEDAS GILLER」、今回も惨敗でした。でも、先回の「アヤムバカー」よりは“旨み”でほんのちょっとだけ上位へ。でも、リピはないですね。

次回、第六回目のチャレンジは、もうちょっと普通に楽しめるカップラーメンをチョイスしたいと思います。

第5位【PEDAS GILER 2× AYAM BAKAR】舌がしびれる辛さで撃沈

商品名:PEDAS GILER 2× AYAM BAKAR
価格:RM3.3 (約 83 円)
内容量:99g
カロリー:468Kcal

[第3食目]第3回目の挑戦は、マギーの【PEDAS GILER】シリーズ、日本で言うところのカップ焼きそばです。カップラーメンじゃなくてごめんなさい。

PEDASという言葉はマレー語で「辛い」という意味。そしてGILER(GILA)は「頭がおかしい」みたいな意味なので、訳すと「死ぬほど辛い」って理解しました。合ってるかは分からないですが。

しかもって強調されてますよ。2倍の辛さ。どれくらい辛いんでしょうね。

調味料に2倍って書いてる

麺自体は、カップラーメンの麺と同じくらいの太さ?調味料いれてみましたが、もうこれだけで辛そうなのが伝わってきます。

早速お湯を注いでみましょう。待ち時間は、日清UFOと同じ3分。あ、お湯を切る時に蓋が開きすぎて麺を落とした。。。お気を付けください。。。

調味料を入れて混ぜたところ。見た目はすごくおいしそう。期待が高まります。UFOよりおいしかったらどうしよう。

それでは、導入が長くなりましたが、いただきます。

か、か、か、か、からい〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!火を吹く辛さです、これすすると咳き込むやつです。危険危険。

すすらないように慎重に口の中に運んで食べます。からっ!!!!!!無理無理無理、ってなります。一口二口食べただけで舌が燃える!

麺自体は意外とモチッとしていておいしいです。細身の麺にうまくソースが絡んで。。。って味わう間もなく辛さが襲ってくる!とにかく辛すぎて味に集中できません。

ソースの味自体はおいしいと思うんですが、それどころじゃない。ほんと唇も口の中も体の中までピリピリピリピリ燃え上がる辛さです。

これは、いつもマレーシアで辛い料理に慣れている人でも、ちょっときついかも。辛さどころじゃないです、10×くらいかな。

というわけで、もう無理なんで、反則ですが奥の手出します。

マヨネーズかけてみました。なんとかまろやかになってくれますように、という願いをこめて。。。

あ、ちょっとまろやかになりました。もっともっとマヨネーズかけてみよう。あ、いいですね、やっと落ち着いて食べれるようになりました(汗)。マヨネーズは最高に合います。

というわけで、いつもなら数分で食べれちゃうカップ焼きそば、10分もかかってやっと食べきりました。

実食結果
うま味
(2.5)
スパイシー度
(5.0)
コスパ
(3.0)
味の濃さ
(3.5)
リピート度
(1.0)
総合評価
(2.0)

予想を上回る辛さに撃沈したマギーのカップラーメンシリーズ第3回。あっさり最下位に沈みました。次回はカップラーメンに戻り、【HOT CUP ASAM LAKSA】に挑戦したいと思います。

番外編 【HOT CUP Goreng Cili Fiesta】

商品名:Maggi HOT CUP Goreng Cili Fiesta
価格:RM1.6 (約 40 円)
内容量:65g
カロリー:312Kcal

ホットカップシリーズの中で、1種類ぐらいはゴレン系(焼きそば)を買ってみようと思い[7食目]で初挑戦してみました。カップの画像的にはあまりおいしくなさそうだけど。。。

カップに調味料を入れた時点ではそうスープ麺と大差なさそう。いつものようにここにお湯を注いで。。。いただきます!

あれ?なんかうすい?見た目も薄っぽいし。。。ん???

そうや、これ焼きそば麺やった(´д`)←歳がバレるか

というわけで、焼きそば麺なのに、お湯を注ぐ前に調味料を入れてしまうという大失敗。途中でお湯を切ろうかとも思いましたが、いやいや味まで捨ててしまうやん。。。

仕方なくそのままスープ麺のように食べさせていただきました。。。なんですが、がっかり期待せずに食べたのがよかったのか、味の方は結構いける!

これは普通に焼きそばとしてちゃんと作ったら上位に入ってたのでは?!というお味でした。残念残念。

それにしても、作り方間違いで今回はランキングには入れられないので、判定結果はなしの[番外編]という設定にさせていただきます。