マレーシアのおやつ、ムルク・イカンはパッケージが微妙でも味は絶品。お土産にもオススメ!

マレーシアのスーパーに行かれたことのある方は、見かけてギョッとしたおやつの一つではないでしょうか。

「ナニコレ。。怪しそう。。」

初めて見かけたときに買ってる日本人がいたらすごい勇気の持ち主か、好奇心旺盛な方?

というくらい敬遠しがちなおやつです。赤ちゃんの絵があるので、赤ちゃんのおやつかな?と思ってましたし。

でも、実は一度食べると病みつきになる美味しさなんです!我が家では家に常備してます。

商品名は「POPO MURUKU IKAN」。現地の方たちは単にムルクと呼んでます。1975年から販売しているということで、意外と長い歴史があるんですね。

何がオススメかというと、原料が小麦ではなく豆!糖質ダイエットされてる方なんかだと、小麦は避けたいですよね。でも、豆が原料だとちょっと罪悪感が薄らぎませんか笑?

マレーシアを代表するお菓子、muruku ikan

我が家が常備してるのは、大きなパッケージに小袋が30袋も入っているタイプ。大きなサイズだと一気に一袋は食べきれないので、ちょこちょこつまむのに最適なサイズです。

お値段は30袋入りで6リンギット(約 153 円)。めちゃくちゃ安いです!

ちなみに、お土産にもおすすめ。みんなに「え〜、怪しそう〜」って嫌がられますが、見た目と味のまともさのギャップで盛り上がります。

パッケージに中国語、マレー語、英語と色々な言語が入ってるのもマレーシアらしくていいですよね。

30袋も入ってるのでバラマキ用にも最適です。

気になった方は、お土産用に、自宅用に、一度ぜひ試して見てください。

【お土産】マレーシア土産におすすめのカップラーメンはこれだ!