マレーシアの最新情報はTwitterで

マレーシアで絶対に食べるべき伝統料理「オタオタ」とは?

マレー料理オタオタ

マレーシアの飲食店が全面禁煙へ

マレーシアでおすすめのローカルグルメとして必ずといっていいほど名前のあがるオタオタ。マレーシアに来られたことのある方なら、一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

今回は、そんなマレーシアを代表する一品オタオタとはどんな料理なのか、ツイッター上での感想も含めてご紹介したいと思います。

オタオタとは?

オタオタとは、魚のすり身を唐辛子や香辛料で味付けし、バナナかパンダンかココナッツの葉で包んで、炭火で焼いた一品です。

オタオタには、魚のすり身だけでなく、かにやえびの身を使ったものもあり、地域によって味が違います。

上の写真を見てわかるように、オタオタの中身はどぎつい赤色。見た目は少し抵抗がありますが、食べてみると、少しピリ辛の「かまぼこ」のような食感でビールによく合います。

実はこの「 Otak-otak 」という名称はマレー語から来ていて、「 Otak 」は「脳」という意味です。え?脳⁈ と最初は驚きましたが、もちろん脳を使った料理というわけではありません。

オタオタ1本は約 50 セン ( 約 13 円 ) から。オタオタの質によってもう少し値段がするものもあります。

また、ボルネオ島ではもう少し値段が高いと思います。食べる前にご確認ください。

注意
マレー系のレストランではアルコールは宗教上ご法度。お持ち帰りか、中華系のホーカーズでお楽しみください。
オタオタ
Photo by Nurul Balqis

屋台の集まったホーカーズに行くと、場所によってはテーブルの上に、かごに入った焼いたオタオタが注文していないのに勝手に置かれるこ とがあります。

最初から置かれているからといって無料の付け合せではありません。食べた分だけきっちり後から請求されるのでご注意を。

みんなの感想

ジョホール州では、ムアー(Muar)という町のオタオタが有名なんです。田舎町ですが、ぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

ちょっとスパイシーな味付けがビールによく合うんですよね。

オタオタが食べれるお店情報

マレーシアに来られた際にはぜひ食べて帰っていただきたいオタオタ。

旅行者にも便利で行きやすいクアラルンプール周辺のお店、美食の街としても知られるアロースターのお店、またマレーシアでオタオタが有名なジョホール州ムアのお店をご紹介したいと思います。

Madam Kwan’s

マレーシア初心者の方にオススメしたいのがこちらのお店。マレー系の料理を扱うチェーン店のレストランで、きれいな店内で種々の有名マレー料理をいただくことができます。

クアラルンプール観光の中心地ともいえるスリアKLCC、バビリオン、ミッドバレー等ショッピングモール内の店舗ですので、アクセスも抜群。

オタオタといえば屋台で食べるのが一番雰囲気があっていいのですが、屋台での食事は初心者には少しハードルが高いですよね。

そんな方にはぜひおすすめしたいお店の一つです。

アロー通り (Night Food Court)

アロー通りはクアラルンプールの中心部、ブキッビンタンというエリアにある屋台街です。

クアラルンプールで屋台街といえばまずここの名前が挙がるほど有名で、実際道の両側に200メートルほどもレストランや屋台が連なっています。

マレーシアらしさが感じられる場所での食事は、それだけで海外旅行にきた〜という実感が湧きます。

ただし、夕方5時以降に開店するお店の多い夜の街ですので、女性の一人旅など安全面では注意が必要です。

オールドチャイナカフェ

オールドチャイナカフェはチャイナタウンに位置する、マレーシアで有名なニョニャ料理を食べることのできるレストランです。

レトロな建物でインスタ映えも間違いなし?!

オタオタだけでなく、パイティーやカレーラクサ 、バクシオなどなかなか味わう機会のないマレーシア独特のお料理を味わってみてはいかがでしょうか。

チャイナタウン (唐人街)

こちらも、ザ・マレーシアが満喫できる地元の人にも人気のホーカーセンター(屋台街)です。こちらのオタオタはちょっと他のオタオタとは違うのが売り。

まず形は一般的な細長く包まれた形ではなく、どちらかというとピラミッド型?のように包まれています。そして中身はふわふわ系の食感で、魚の切り身が入っているのも珍しい。

アロースターに行かれる予定の方はぜひ探してみてください。

MCA Bentayan Food Court

ジョホール州ムアの屋台街に、オタオタのお店が2件入っています。他の場所とは明らかに差のある大量のオタオタが焼かれています。

オタオタ以外にもマレーシアを代表する麺類、バクテー 、サテー、アイスカチャンなど多様な屋台が集まっていますので、いろいろな味が一度に楽しめておすすめです。

さいごに

今回はマレーシアの名物料理オタオタについてのご紹介でしたが、いかがでしたか?興味を持っていただけたでしょうか?

マレーシア独特の料理でありながら日本人の口にも合って食べやすいオタオタ。

マレーシアではぜひ一度は試して見てくださいね!バナナの葉っぱに包んであるのも熱帯っぽくて気に入ってます。