マレー語の人称代名詞① 一人称単数・複数

人称代名詞はマレー語で “Kata Ganti Nama Diri” といいます。人称代名詞は、一人称 (自分)、二人称 (話し相手)、三人称 (第三者) に分類されます。さらにそれぞれが単数と複数へ分類されます。

マレー語は日本語と同じように、状況や立場によって異なる人称代名詞を使い分ける必要があります。使い方を間違えると失礼になってしまうこともあるので注意が必要です。

 単数複数
一人称saya
aku
kita
kami
二人称anda
kamu
awak
kalian
三人称diamereka

一人称単数 (わたし)

マレー語人称代名詞

マレー語には、自分のことを表す一人称単数(Kata Ganti Nama Diri Pertama Tunggal)として6種類の単語が使われている

saya (わたし)

覚えておけば間違いのない日常会話でよく使われる形 。

特にかしこまった席や公の場所で使われる。初めて会う人や話し相手が目上の人の場合必ず “saya” を使うように。

aku / daku(僕・俺)

身近な友達同士などの親しい仲で使われる形。歌の歌詞などによく出てくるほか、神に祈るときに使われるのもこちら。

通常は “aku” が使われるが、一つ前の単語が “n” で終わる場合、その後の “aku” は “daku” に変わる(例2を参照)。

例1)Aku tidak perna pergi ke Kuala Lumpur(僕はクアラルンプールに行ったことがありません)

例2)Encik Ibrahim memberikan daku sebuah buku.(イブラヒムさんが1冊の本を僕にくれた)

beta / patik(王族に関係する言葉)

王(スルタン)や王族が民に対して話すときに使われるのが “beta”。

逆に民が王(スルタン)や王族に対して話しかける時に使われるのが “patik”。

hamba

普段名詞として使われる “hamba” には、「奴隷・僕」という意味がある。人称代名詞として使う場合は、自分を低める敬語の意味合いがある。日常会話ではほとんど使われない。

一人称複数 (わたしたち)

人称代名詞マレー語

一人称の複数形( Kata Ganti Nama Diri Pertama Jamak )には2つの形がある。使い分けはとても重要である。

次の2つの単語は、どちらも「わたしたち」と訳されるが、日本語の感覚にない使い分けが必要なので、慣れるまで時間がかかるかもしれない。

kami(話し相手を含まない「わたしたち」)

kita(話し相手を含む「わたしたち」)

例えば、日本人の事をマレーシア人に説明する場合、話し相手は日本人でないので、”kami” を使う。

例1)○ Kami makan sashimi.(わたしたちは刺身を食べます)

例2)× Kita makan sashimi.

kamiとkitaの使い分けに注意

例1)× “Kita tinggal tidak jauh dari sini,” kata Taro dan Hanako kepada Jiro.

例2)○ “Kami tinggal tidak jauh dari sini,” kata Taro dan Hanako kepada Jiro.

日本語に訳すと、どちらも「”私たちはここから遠くない所に住んでいます”、と太郎と花子は次郎に言った。」となるが、例1は間違い。

遠くない所に住んでいるのは、話しかけている太郎と花子だけで、話し相手の次郎は「私たち」に含まれないから。

レストランで使うマレー語

関連記事:熱中症ってマレー語でなんていうの?