マレー語にもことわざがある?「覆水盆に返らず」はマレー語でも使える!

実は、マレー語にもことわざや格言が存在します。

ちょっとしたことわざや格言を知っていると、マレーシアの方にも喜ばれますし、そこから会話が広がることも多々有ります。

今回は、いくつかの有名なことわざ、格言をマレー語でどういうのか解説したいと思います。

マレー語のことわざ

マレー語でことわざのことを「 Peribahasa (プリバハサ) 」といいます。

一言でことわざといっても、比喩、格言、警句、言習わし、などいくつかのタイプに分けられます。一つずつ例を取り上げながらみていきましょう。

比喩 ( Perumpamaan )

月とスッポン/雲泥の差

「Macam mentium(timun) dengan durian ( マチャム メンティウム デガン ドゥリアン ) 」= キュウリとドリアンのごとし

キュウリとドリアンの価値に差がありすぎて、比べ物にならない、という意味です。

覆水盆に返らず

「 Nasi sudah menjadi bubur ( ナシ スダ メンジャディ ブブー ) 」= ご飯がお粥になってしまった

お粥になってしまったら、もう元のご飯に戻すことはできない、という意味ですね。

格言 ( Bidalan )

塵も積もれば山となる

「 Sedikit-sedikit lama-lama jadi bukit ( スキッ スキッ ラマ ラマ ジャディ ブキッ) 」= 少しずつ、段々と丘になる

これは説明要りませんね。日本語の格言とほぼ同じです。

なせば成る

「 Hati hendak semua jadi ( ハティ ヘンダッ スムア ジャディ ) 」= 望む心さえあればなんでも叶う

警句 ( Pepatah )

警告や風刺を含んだ言い回しです。

急がば回れ

「 Biar lambat asalkan selamat ( ビアー ランバッアサルカン スラマッ ) 」= 遅れてもいいから安全に

安全を第一に優先するように、という警句。マレーシアでも日本と同じように安全第一の感覚はあるのですね。

聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥

「 Malu bertaya sesat jalan ( マル バルタニャ スサッ ジャラン ) 」= 尋ねるのを恥じると道に迷う

恥ずかしがって道に迷うくらいなら、恐れずに人に聞け、という教訓ですね。

郷に入っては郷に従え

「Masuk kandang kambing mengembek,masuk kandang kerbau menguak ( マソッ カンダン カンビン メングンブッ、マソッ カンダン クルバウ メングアッ ) 」= ヤギの小屋に入ればメ〜と鳴き、牛の小屋に入ればモ〜と鳴け

面白いですね。例は違えど、伝えたい考えは同じです。

さいごに

いかがでしたか?マレー語のことわざ、興味ぶかく読んでいただけたでしょうか?マレー語をあまり知らなくても、こうしたことわざをいくつか知っているだけで、一気にマレーシアの文化に溶け込める気がしませんか?

私も、最初マレー語を習い始めたばかりのときに、よく周りの人から「 Sedikit-sedikit lama-lama jadi bukit 」と言って励まされました。

ことわざは学校で習うこともあり、マレーシアの人にとっても大変身近なもののようです。ぜひ一つでもことわざを覚えて、マレーシア人とのコミュニケーションに使ってみてくださいね。