マレー語とはどんな言語か?

マレーシア語の勉強

マレー語紹介

バハサ・マレーシア(Bahasa Malaysia)

マレーシアの 5〜6 割を占めると言われるマレー人の母語です。世界最大の分布を持つオーストロネシア語族に属しています。

マレー半島のマレー人やオランアスリ、ボルネオ島(東マレーシア)の原住民の言葉で、今のマレーシア、シンガポール、ブルネイの国語に指定されています。

マレーシア語
オーストロネシア語族の分布図

また、隣国で話されるインドネシア語と共通点が多く、現地の人に聞くと 60~80 %は同じと言われています。さまざまな言語からの借用語が多いのも特徴で、マレーシアの他民族性を象徴する言語となってます。

地元住民の間では、バハサ・マレーシアを略して「 BM 」と呼ばれています。

マレー語の文字

Rumi文字

ローマ字 ( ラテン文字 ) 26 文字で表記されます。

イギリスの統治によって持ち込まれて定着しましたが、それ以前はジャウィ文字が使われていました。

ちなみに現在のマレー語はアルファベットで書かれているため、マレー語を学んだことのない人でも簡単に読むことができます。

マレー語の標識

Jawi文字

同じくマレーシアでよく見かけるJawi文字とはアラビア文字のことで、右から左に読みます。日本人には馴染みのない文字ですので、読むためには一からアラビア文字を勉強する必要が出てきます。

なお、Jawiはもともとマレーシアにあった言語ではなく、イスラム教徒によって15世紀ごろ伝わってきたと言われています。

いまでも、通り名を示す看板、地名、イスラム教の祈りやメッセージなど公共の場所で広く見かけます。

マレー語、アラビア語の標識
写真上段がJawi文字、下段がRumi文字。Rumi文字の方がより一般的に使われている。

マレー語に関するツイッター上の情報

関連記事:マレー語でとっさのひと言

さいごに

マレーシアに移住予定の方や旅行で現地の方とコミュニケーションが取りたい方、ぜひマレー語を少し覚えて見てはいかがでしょうか。

マレー語が話せると、マレーシアに住むほとんどの人とコミュニケーションを取ることが可能になります。また、買い物やレストラン、ガソリンスタンドなどでの店員さんとのやりとりもスムーズに。

さらに、相手が英語を話せる人であっても、日本人がマレー語を話すとみんな喜んでくれます。ぜひマレー語を学んで、マレーシアでの滞在を10倍楽しんでくださいね!

※当ブログで扱っているマレー語は、本来マレー人が使っている国語としてのマレー語とは異なる場合があります。異なる民族間で使う簡単なコミュニケーションを目的とする、いわゆる「バハサ・パサー」に近いマレー語表現を目指しています。観光目的でこられる方、ちょっとしたマレー語を学んで現地の友人に喜んで欲しい方、銀行や買い物、レストランで簡単なマレー語を話せると助かる!という方に役立てていただけると幸いです。