マレー語での首相、王様の呼び方は?

2018 年 5 月に行われた総選挙の結果、マレーシアは野党連合が勝利し、現在野党党首であるマハティール氏が首相に返り咲きました。

そのため、新政権の話や、早速 6 月から廃止されたGSTの話でもちきりのマレーシア。

今回は、政府の要職や称号をもつ人たちのことをマレー語でどういうのか、解説したいと思います。

政府高官

ではまずは、政府の要職についている人に与えられる尊称からみていきましょう。

首相、副首相

Yang Amat Berhormat ( YAB )

マハティール首相の場合は、「 Yang Amat Berhormat Datuk Seri Dr.Mahathir Mohamad 」となります。

州主席大臣

Menteri Besar

大臣、代議士、議長

Yang Berhormat ( YB )

最高裁判所長

Yang Amat Arif

判事、裁判官

Yang Arif

王族

では次に、王族のそれぞれの立場をなんというのか見てみましょう。

国王

Agong (アゴン)

通常は、アゴンと呼びます。

正式にはもっと長く、

「 Duli Yang Maha Mulia Seri Paduka Baginda Yang di-Pertuan Agong 」です。

マレーシアでは各州に任命されている複数のスルタンが 5 年の任期で順番に持ち回りで国王を務めます。国王が 5 年に一回変わるなんて、興味深いシステムですよね。

スルタン

各州の一番の権力者ですね。マレーシア全土の 13 の州のうち、9 州にスルタンが存在します。

Duli Yang Maha Mulia ( DYMM )

王族

Yang Mulia ( YM )

王族(Tengku/Tunku/Raja)、Syed、Syeikhの称号を持つものに与えられる尊称です。