Twitterはじめました

マレーシア版生春巻き?屋台フード「ポピア」が激安&ヘルシーでおすすめ!

マレーシアの春巻きポピア

マレーシア版春巻きと呼ばせてもらってる料理がこちら、ポピアです。

マレーシアでは「Poh Piah」もしくは「Popiah」と綴られます。中国語では「薄餅」と書きます。

分類的には、屋台メシ、B級グルメといったところでしょうか。安くて気軽に食べることのできる庶民的な料理の1つです。

また、中華系・ニョニャ家庭では、旧正月に家族みんなで食べる正月料理だそうです。

ポピアの詳細

マレーシアの春巻きポピア
Chensiyuan

ポピアの外観

では、まずはポピアの全体像からご説明したいと思います。

写真を見ていただいてわかるように、ポピアの外観は「マレーシア版生春巻き」という表現が一番ぴったりくると思います。

様々な具材をクレープのような薄く焼かれた皮(職人さんが作る)に包み、食べるときには太めの輪切りになって出てきます。

ポピアの中身

では、気になるポピアの中身をご紹介したいと思います。

ポピアの中身で一番メインとなるのが、ズバリ「カブ(蕪)」です。もちろん、日本のカブとは違い、マレーシア独特のカブ。

こちらでは「Sengkuang」と呼ばれています。このカブを切り干し大根のように切って甘めに炊いたものが、主要なポピアの材料となります。

他にも、もやし、レタス、卵、キュウリ、騰げ豚油、鶏肉、えび、チリソース、グラマラッカ(ヤシ砂糖)、などが具材として使用されます。

味はチリソースを使っているので、ちょっとピリ辛で、東南アジア感満載です。

知っている屋台では1本あたり2.2リンギット(約 58 円)で売っていました。

ポピアの作り方

家庭で作る場合のレシピをご紹介したいと思います。

材料

  • ポピアの皮
  • 薄焼き卵
  • カブの千切り
  • ニンジン
  • レタス
  • キュウリ
  • むきえび
  • スイートソース(甘いどろっとした醤油)
  • チリソース
  • もやし 等

作り方

きれいな画像でポピアの作り方を紹介している動画がありましたので、参考までに。。。

動画は英語になりますが、BGMのみでトークは一切入ってませんので気軽にご覧ください。

ツイッター情報

では、ツイッターでみんなの感想を見ていきたいと思います。

5ドル(約 132 円)ということで、かなり高級?なポピアですね。おいしいに違いない。

1.5ドル(約 40 円)とはなかなか安いですね!でもおばちゃんが無愛想笑。心が強くないと通えない。。。

さいごに

今回は、マレーシアの屋台等で食べることのできる外国人にも人気のメニュー「ポピア」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

安い、うまい、ヘルシーとすべて揃っている?のが人気のポピア。マレーシア観光に来られた際は、ぜひ試して見てくださいね。

屋台、フードコート、ニョニャ料理のレストランなどで見つけることができます。

最後に一応、クアラルンプールでベストと言われているポピアのお店情報を書いておきたいと思います。

SisterS Crispy Popiah

住所:Jakel Mall KL, Jalan Munshi Abdullah, 50100 Kuala Lumpur
公式サイト:sisterskitchen.com.my
営業時間:10時00分~22時00分

以上、マレーシアのニョニャフード、「ポピア」に関する情報でした。