マレーシア独特のコーヒー、コピ・オ ( Kopi O ) とは

マレーシアのコーヒー事情

マレーシアでもコーヒーは一般的な飲み物です。コーヒー派か紅茶派に分かれるのも日本と似ています。

ところで、マレーシアのコーヒーは一般的に甘い。普通にブラックコーヒーの感覚で「Kopi (コピ)」と注文すると、砂糖と練乳の入った甘〜いコーヒーが出てくるのはご愛嬌。暑くて体力を消耗するマレーシアでは、甘いコーヒーも飲みたくなっちゃいます。

今回ご紹介するのは「Kopi」ではなく、「Kopi O (コピ・オ)」というコーヒーです。ローカルにおすすめされたので、今回初めて試してみました!

マレーシアのお店で飲めるコーヒー&紅茶の種類がとんでもない件

ローカルおすすめ!「AIK CHEONG」の「KOPI O」

 

こちら、「AIK CHEONG」という会社が販売しているインスタントの「KOPI O」です。写真を見ていただくとわかる通り、袋入りコーヒー。

裏面を見ると、中国語でデカデカと「黒珈琲」って書いてます汗。そう、「KOPI O」とはマレー語で、中国語に訳すと「黒珈琲」なんですね。

原材料を確認すると、コーヒー豆、砂糖、マーガリン、塩、が入っているようです。

作り方

作り方は、珈琲バッグ一袋を珈琲カップに入れ、150mlのお湯を注ぐだけ。あと、珈琲バックを取り出す前に、スプーンでギューギューおして味を絞り出してください、的なことも書いてますね。

早速、作ってみました。

珈琲バックを一袋マグカップに投入。

お湯を 150ml 注いでみると、

すごく色の濃い珈琲ができました!味も濃そうです。

気になるお味は?

そのまま、何も加えないで味わってみると。。。思ってるほどは苦くない。マーガリンや砂糖などが加えられているせいか、意外と飲みやすい。

でも、砂糖が入っているというほどには、甘さを感じません。甘い珈琲をお好みの方は、砂糖をさらに追加する必要がありそうです。

味は、悪くない。さすがジモティーがオススメするブランドのコーヒー。でも、日本でいつも飲んでいるコーヒーとはまた別物です。コーヒーではなく、コピ・オと呼ぶのがふさわしい、マレーシア独特のコーヒーです。

日本へのお土産にしてもいいかもしれません。ぜひ、コーヒー通の友達に、マレーシア産のコーヒー、試してもらってはいかがでしょうか。

マレー語、英語、中国語が混ざって書かれているパッケージも、マレーシアっぽくておすすめです。

マレーシア発の有名カフェ「 シークレット・レシピ 」で噂のケーキセット