【 マレーシアの中華料理 】メニュー選びに困ったら迷わず試してほしい「酢豚」

マレーシアでは美味しい中華料理を楽しむことができます。中華系のマレーシア人も多いため、街中のレストランは半分くらいが中華系。

日本の王将やバーミヤンなどに代表されるように、中華料理は基本日本人の口に合いますよね。なので、マレーシアは中華系のレストランが多くて助かります。

マレーシアでも食べれるインドネシア料理「バクソ」はインドネシアの屋台の味!

マレーシアの中華レストランは注文が難しい?

ところで、マレーシアにきて間もない方が苦労されるのが、メニューに載っている料理がさっぱりわからない、もしくは注文の仕方がわからないということです。

注文は基本相談しながら

マレーシアの中華料理屋さんは、大きなところほど料理のアレンジの幅が多い傾向があります。

例えば、鳥肉料理一つをとっても、蒸すのか揚げるのか炒めるのか、味付けはどうするのか、どれくらいの量が欲しいか、などお店の人と相談しながら決めるスタイルが多いんです。

たとえ中国語や英語、マレー語で意思疎通ができたとしても、この中華レストランでの注文はなかなかハードルが高い。一時的に旅行にこられる方、また移住したての方にとっては特に困る場面かと思います。

関連記事:レストランで使うマレー語

迷ったら酢豚がおすすめ

そんな方におすすめの、どこの中華レストランでも大抵注文できるメニューは、ズバリ「酢豚」!そう、日本でもよく食卓に上がるあの酢豚です。英語でのメニュー名は「Sweet and Sour Pork」

たくさん注文するうちの一品で、みんなで取り分けて食べる場合には「Sweet and Sour Pork」だけで大丈夫です。値段は小サイズ(1〜2人分)が8リンギットくらいからでしょうか。

もし自分1人で食べる場合は、「Sweet and Sour Pork with Rice」と注文してください。このように注文すると、大きめのお皿の上にご飯と酢豚が乗って出てきます。

お店にもよりますが、平均的なレベルのお店だと一皿6リンギット(約 160 円)くらいで食べることができます。

実は酢豚以外にも選べる!

ちなみに、マレーシアの中華レストランの素晴らしいところは、「酢豚」だけでなく、「酢鶏」や「酢魚」などが選べること。その日の気分で「Sweet Sour Chicken」にしたり、最近魚食べてないな〜と思えば「Sweet Sour Fish」が注文できます。

マレーシアの中華レストランでメニュー選びに迷ったら、ぜひ一度試して見てくださいね!個人的には日本で食べる酢豚よりよっぽどあっさりしていて美味しい!超おすすめです。

ドリアンだけじゃない!マレーシアを代表する珍しいトロピカルフルーツ10選