マレー語でなんていうか質問したいときに役立つフレーズ

今回はマレー語のレッスンです。

どんな言語を学ぶときもそうだと思いますが、初めのうちは言いたい単語や言い回しが出てこなくて苦労しますよね。これなんていうんだろう、こういうときはどう尋ねたらいいのかな?なんて頭の中が質問でいっぱいになります。

私がマレー語を学び始めたときもそうでした。英語ならまだ学校で習ったベースがありますが、マレー語は単語から文法から聞き取りから、全くのゼロからのスタート。

そういうわけで、毎日が質問質問そしてまた質問の毎日でした。夢でまで質問しているくらい笑。

今回は、そんなマレー語会話超初心者の方に向けて、マレー語でなんていうか質問したいときに役立つフレーズをご紹介したいと思います。

マレー語でマレー語の言い回しを質問する

まずは、一番ベーシックと思われる質問からいきましょう。

「◯◯をマレー語でなんといいますか?」

こういう聞き方をしたい場面、多いのではないでしょうか。

「マレー語でなんといいますか?」の部分はマレー語では、「 Macam mana cakap dalam bahasa malaysia? ( マチャ マナ チャカップ ダラム バハサ マレーシア ) 」という聞き方をします。

とはいえ、対象となる語を抜かしているため、これだけでは何が聞きたいのか分かりませんね。「◯◯」の部分に対象語を入れる必要があります。

この対象語は、もちろん自分の知っている言語で挑戦することになります。また、話しかけている相手の理解できるであろう言語を使う必要もあります。

マレーシアでは、とりあえず英語ですね。分からない相手も多いかもしれませんが、とりあえずは共通語として英語しかありません。

中国語やタミール語ができる方であれば、相手が中華系またはタミール系の方なら試してみることができますが、それ以外の人種の方であれば使えませんよね。

というわけで、とりあえずは英語で試してみられることをお勧めします。

さきほどの文に英語の「◯◯」を足してみると、こんな感じになります。

Macam mana cakap Thank you dalam bahasa malaysia? 」=「 Thank you をマレー語ではどういうのですか?」

Macam mana cakap How are you dalam bahasa malaysia? 」= 「 How are you をマレー語ではどういうのですか?」

いかがでしょうか。なんとく伝わったでしょうか?

自分の聞きたい単語や文章を入れてぜひ使ってみてくださいね。

これはマレー語でなんといいますか?

買い物をしているとき、レストランで食事をするときなど、目の前にある物をマレー語でなんというのか知りたい場面もあります。

そんなときは、物を指差しながら「これはマレー語でなんといいますか?」と聞きたいですよね。

Macam mana panggil ini dalam bahasa malaysia? ( マチャ マナ パンギル イニ ダラム バハサ マレイシア )

Apa ini dalam bahasa malaysia? ( アパ イニ ダラム バハサ マレーシア )

このような表現で通じると思います。

もし長すぎて覚えらない!という方は、「 Apa ini? 」だけでも通じるかもしれません。ぜひ試してみてください。

その他のマレー語を尋ねる表現

上に挙げた以外にも、日常会話の中で私が使っている表現はまだまだたくさんあります。かなり口語的になりますが、ご紹介しますね。

kalau Ingglis cakap Watch tapi bahasa malaysia pula? ( カラウ イングリス チャカップ ウォッチ タピ バハサ マレイシア プラ )」= 「英語なら時計というけど、マレー語では?」

ちょっとラフなマレー語の感じですね。友達との間では普通に使えます。決して丁寧ではないです。かといって失礼な訳ではないので、親しい間柄の中で使ってみてください。ちょっとこなれたマレー語表現かもしれません。

「時計」の部分を他の単語や連語などに置き換えるだけで使いまわせます。

 

逆に、親しくない間柄で丁寧に聞きたいとき。

Saya mau tanya,apakah nama benda ini? ( サヤ マウ タニャ, アパカ ナマ ベンダ イニ ) 」といいます。

「 Saya mau tanya 」の部分が「お尋ねしたいのですが」という前置きですので、ちょっと丁寧な感じになりますね。

または、「 Bagaimana anda sebut perkataan Happy dalam bahasa malaysia? ( バガイマナ アンダ スブッ パルカタアン ハッピー ダラム バハサ マレイシア ) 」も使えるかな。

「 Bagaimana anda sebut 」の部分が「どう言われますか?」という意味になります。

こうしてみてみると、「マレー語で」という表現は、どの文章でも必ず「dalam bahasa malaysia」と言っていますね。

ということは必ず覚えてほしいフレーズということになります。

マレー語で質問できるようになれば、かなり会話の幅も広がると思いますので、ぜひ頑張って覚えて使ってみてくださいね。

「海外療養費制度」はマレーシアでも使える!請求方法と申請時の注意点