Twitterはじめました

マレー語で曜日(月〜日)と月(1〜12月)を覚えよう!

今回は、マレー語での曜日の呼び方(月〜日)、それぞれの月の呼び方(1〜12月)を取り上げます。また、日常会話の中での使い方についても解説したいと思います。

曜日 (月〜日)

月曜日 – Isnin – イスニン

火曜日 – Selasa – セラサ

水曜日 – Rabu – ラブ

木曜日 – Khamis – カミス

金曜日 – Jumaat – ジュマアッ

土曜日 – Sabtu – サブトゥ 

日曜日 – Ahad – アハッ

月 (1〜12月)

それぞれの月を表すマレー語は英語に似ているものが多いです。ですが、少し違うものもありますので注意が必要です。

1月=Januari

2月=Februari

3月=Mac (マッチ)

4月=April

5月=Mei

6月=Jun

7月=Julai

8月=Ogos (オゴス)

9月=September

10月=Oktober

11月=November

12月=Disember (ディゼンバー)

※3月、8月と12月の発音にご注意ください。

もらってうれしい!マレーシアでおすすめのお土産30選

曜日や月をマレー語で使ってみよう

では、マレー語で曜日や月を使って会話してみましょう。例文をいくつか挙げたいと思います。

例文1

日本語:今日は何曜日ですか?
今日は金曜日です。

マレー語:Hari ini hari apa? (ハリ イニ ハリ アパ)
Hari ini hari jumaat. (ハリ イニ ハリ ジュマアッ)

例文2

日本語:何月生まれですか?
5月生まれです。

マレー語:kamu lahir pada bulan apa? (カム ラヒール パダ ブラン アパ)
Saya lahir pada bulan mei.(サヤ ラヒール パダ ブラン メイ)

例文3

日本語:今日の日付はなんですか?
今日は2018年12月25日です。

マレー語:Apa haribulan hari ini? (アパ ハリブラン ハリ イニ?)
Hari ini haribulan 25 Disember. (ハリ イニ ハリブラン ドゥアプロリマ ディゼンバー)

ぜひ機会を見つけて使ってみてくださいね。

マレーシアの13州+3連邦領を完全網羅!それぞれの地域の特徴と見所を把握して賢く行き先を選ぼう!