マレーシアのスクールバス事情

マレーシアのスクールバス

「ブーーーーーーーーン🚌」

「ガヤガヤガヤ👫👬👭ワヤワヤワヤワヤ👫👬👭」

「フーーーーーーーン🚌」

学校の生徒たちをいっぱいのせたスクールバスが通り過ぎるといつもこの騒々しさです😆

バスのエンジン音はうるさいし、子どもたちの声はにぎやかだし😆

マレーシアの学校

マレーシアは子どもの数が多いので、学校は早朝クラスと午後からクラスの二部生がデフォルト👆

早朝クラスの子どもたちは朝 5 時には起きてシャワーを浴び、早い子だと家を 5 時半に出ることも😨

とはいってもスクールバスが家のすぐ近くまで迎えにきてくれるので、歩いていくことはありません。

ほとんどの子どもはスクールバスか自家用車、バイクなどで登校します。

スクールバスのシステムとは

スクールバス、学校から出ている訳ではありません。

バスの運転手さんも個人事業です。そしてもちろん有料です。

距離にもよりますが、毎月バスに 80 ( 約 2,135 円) 〜 100 ( 約 2,669 円 ) リンギ ( 子ども一人あたり ) 出している家庭が多いです。

数千円程度とはいえ、毎月となるとかなり痛い出費ですね😰

でもすごくいいシステムだと思うのです😌

家の前から拾ってくれて学校まで送り届けてくれる。

親が送り迎えできない家庭でも、お金さえ出せば安心して登下校させられる。

マレーシアのスクールバス

日本ではこのシステムがないばかりに、登下校時の見守りボランティアが必要です。

また子どもに緊急用の携帯を持たせる家庭も増えてきました😥

日本でスクールバスシステムが普及しないのはどうしてでしょうか?