Twitterフォロワー1,000人突破!!

マレーシアで魚料理を簡単に作りたい!白身魚のスープレシピ【固形マギーキューブ使用】

マレーシアの魚事情

マレーシアは海に囲まれた国ですので、必然的にマレーシア人は結構魚料理を食べます。

最近の若い世代では肉派が増えてきていると言われますが、それでもまだまだ魚料理はマレーシアの家庭に強く根付いています。

特にお祭りごとやお祝いごとがあるとき、また給料日のあとには、中華系のレストラン等で大きな魚を丸ごと注文して、家族や友人みんなで分け合って食べる姿がよく見られます。

そんな魚文化のマレーシアですので、市場やスーパーマーケットでも魚の種類は豊富。魚の種類にもよりますが、日本に比べるとリーズナブルな値段で魚を手に入れることができます。

By flickr

そんなわけで、魚類が手に入りやすいマレーシアですが、中には魚料理は家でしない、料理法がよくわからない、という方も多いようです。

今回は、マレーシアで家でも魚料理を作りたいという方に向けて、簡単に作れる魚料理のレシピをご紹介したいと思います。

魚の白身を使ったスープ【Fish Soup】のレシピ

今回ご紹介するのは、マレーシア版『マギーブイヨン』?の魚ダシキューブ『イカンビリス(IkanBilis)』を利用したレシピになります。

マレーシアの魚料理

材料 (6人分) 調理時間:25分
A:
油大さじ1
玉ねぎ(エシャロット)みじん切り
にんにく2片
しょうが1個、みじん切り
黒胡椒粗挽き小さじ½
1リットルの水
B:
鯛(Red Snapper英/Ikan Merah馬)300g
ニンジン50g スライス
セロリ50g スライス
赤玉ねぎ一個 さいの目に切る
C:
MAGGI®IKAN BILIS CUBE 2個
さいの目に切ったトマト2個
ネギ(みじん切り)

※一部日本人になじみのない材料は省きました。

レシピ

  1. Aの玉ねぎ、ニンニク、しょうがを炒める。
    2. 1に水を加えて沸騰させる。
    3. Bの魚、ニンジン、セロリの茎、赤玉ねぎを追加し、沸騰させる。
    4. 最後にCのMAGGI®IKAN BILIS CUBEとトマトを追加して10分間煮る。
    5. 飾り付けて熱いうちにいただきます。

というわけで、炒めて、水を加えて、また材料を追加して、煮るだけという超シンプルステップです。

コツ:肉がバラバラにならないように、魚を長時間調理しないでください。

レシピ動画もあります↘️

さいごに

というわけで、今回はマレーシアで魚料理に挑戦したい方に向けて、マギーブイヨンを使った簡単なスープのレシピをご紹介しました。

いかがでしたか?家でも作れそうでしょうか?

マレーシアでは、マギーの他にクノールもブイヨン系の即席ダシが売っていて、今回使用した『イカンビリス(IkanBilis)』以外に『鶏ダシ(ayam)』『トムヤムクン』など用途によって使い分けることができます。

マレーシアで簡単に料理したい方は、こうした助っ人を活用するのも1つの手ですね。

マレーシア旅行の計画はこちら⇒エクスペディアでクアラルンプール行き航空券+ホテルの最安値をチェック