マレーシアの気になるおもしろ標識と意味を解説します!

すべりやすい道路の標識

マレーシアの道路を運転していると、たまに「これどういう意味?」と気になる標識を見かけます。今回は、そんなマレーシアのちょっと変わった標識、また意味の分かりづらい標識などご紹介します。

マレーシアで見かける重要度の高い道路標識

警戒標識

牛に注意

牛を放牧しているようなエリアでは、ずばり「牛が横切るかもしれない」注意喚起がされています。マレー語で「LEMBU/SAPI」が牛のことです。

事故多発区域

道路標識にどくろマークって😂日本でもこんな標識あるんでしょうか?事故多発区域らしいので、もちろんどくろマークで「死の危険あり!!」と訴えたいのでしょうけど。。。

ちなみに「KEMALANGAN ( クマランガン ) 」とは「事故」の意味です。くれぐれも気をつけて走ってくださいね。

まがりくねった道に注意

いわゆる「Winding Road」が前方にある場合にこの看板が立てられています。見たまんまですね😁

屈折あり

登り急勾配あり

牽引ゾーン

見るからの警告です。わかりやすくていいですね。

→ マレーシアでの運転、路上での気をつけるべきポイント

案内標識

病院まで5KM

日本では、病院といえば赤十字マークが一般的ですが、マレーシアでは赤い月のマークなんです。そのため、救急車にもこの赤い月マークがデザインされています。

0マイル標識

マラッカの0マイル標識

こちらは、マレーシアのマラッカという都市にある標識。現在地マラッカを0マイルとして、クアラルンプールやアヤーケロー、ポートディクソンなど主要都市への距離を示しています。

ですが、おもしろいのは海外の都市も差していること。ロンドンやリスボンはまだしも、南京やメッカまで入れてるチョイスがマレーシアらしい?

津波注意

すこし番外編になってしまいますが、こちらマレーシアのランカウィ島にある「津波注意看板」。津波がマレーシアでも「TSUNAMI」とすでに現地語になっているのが興味深いですね。

ひったくり注意

こちらも説明は不要でしょうか。マレーシアはひったくりが頻繁に発生しています。「PERAGUT ( プラグッ ) 」というのがひったくりに相当します。町歩きの際にこの看板を見かけたら、周りの様子に気をつけて歩くようにしてくださいね。

案内標識からマレー語を勉強