マレーシアで咳に効く漢方食材、紅茶のように飲んでみたら一週間で治った!

マレーシアでひどい咳に見舞われたら、ぜひ試してほしい漢方食材をご紹介したいと思います。

名前が分からないのですが、中華系マレーシア人の方にいただいた写真の漢方食材が効果ありでした。

マレーシアには漢方薬局、漢方食品を扱っているお店がたくさんあります。地元色の強いショッピングセンターでもよく見かけます。

そんな漢方食材を扱うお店で探していただければ、こちらの商品が見つかるかと思います。

多分、何かの果実を乾燥させて輪切りにしたもの?が小袋に入って売っています。

味はちょっと酸味がありますが、果実系のあっさりした味わいで、黒糖を入れて飲んでもOKだそうです。

ちょっとローズヒップの味にも似てるかな?ローズヒップティーが好きな方はきっと抵抗なく飲めるかと思います。

本当はやかんで沸かして煮出して飲むほうが正解だと思いますが、面倒なのでささっと洗って紅茶を入れる要領で熱湯を注いでみました。

いちいち沸かしていると面倒になって毎日続かないと思ったので。。。

お湯を入れただけなので少し時間がかかりますが、10分も待てばしっかり色も味も出ていました。

果肉?が結構出てますね。少し濁った感じになっています。

ポットに残った果実をそのまま置いていると、どんどん濃くなって、酸っぱ〜くなってしまいますのでご注意を。

飲みきったあとの出がらし。栄養分が出切った感じで、とても体にいいものを飲んだ〜という実感があります笑。

1日に2回ほど紅茶のポットで作って飲み、一週間ほど続けたところ、痰もからんでひどかった咳がすーっと治ってきました。

もしかして効いた?他に何の薬も飲まずに収まったので、きっとこの漢方食品のおかげだと思います。

みなさんも、マレーシアでひどい咳に悩まされた時は、ぜひ一度騙されたと思って試してみてください!

関連記事:マレーシアでのど飴といえば「NIN JIOM」のハーバルキャンディー