マレー語の否定詞を使い分ける (Kata Nafi)

否定詞 “bukan” と “tidak”

マレー語の否定文を作るときには “bukan”(ブカン)か “tidak”(ティダッ)を使います。

述語の種類によって使い分ける必要があり、使い分けは次の通りです。

“bukan” ー 名詞句、前置詞句

マレー語の “bukan” は名詞句、前置詞句を否定する時だけに使われます。

例)Saya bukan pelajar.(わたしは学生ではありません。)
Dia bukan dari Tokyo.(彼は東京からの人ではありません。)

例外として、否定したことを強調したい時に限って、”bukan” を使うことができます。特に、書き言葉でよく使われます。

例)Saya BUKAN memarahi adikku!(僕が弟を叱ったんじゃない!)

“tidak” ー 形容詞句、動詞句

マレー語の “tidak” は形容詞句、動詞句を否定する時にだけ使われます。

例)Saya tidak bersetuju.(わたしは同意しない。)
Pisang ini tidak manis.(このバナナは甘くない。)

話し言葉の中では、”tidak” は、短縮されて “tak” になることがあります。

例)Saya tak mahu.(いやだ。)
Dia tak suka pisang.(彼はバナナが好きではない。)

関連記事:買い物でクレジットカードを使いたいけど、マレー語でなんて言えばいい?