マレー語で「発疹」ってどういうの?

マレーシアのオランウータン

今回は、マレー語レッスンです。

発疹をマレー語で言いたい

発疹、日本でもよく出てくる医療用語ですよね。赤いかゆみのあるブツブツが出てきたら、発疹かな?なんて普通に話題にします。

というわけで「発疹」のマレー語ですが、「 Bintik-Bintik 」といいます。

発音は「ビンティッ ビンティッ」。気をつけることは、「ビンティービンティー」と語尾を伸ばさないこと。あくまで綴りの最後に”K”が付いていることを忘れず、最後は歯切れよくお願いします。

試しに、グーグル翻訳にかけてみたところ、「 Bintik-Bintik 」と入れると「スポット」と出てきました。スポットって何?

ちなみに、マレー語の「 Bintik-Bintik 」は英語では「 Rashes ( 単数形ではRash ) 」です。

会話例

「発疹ができちゃって。。。」というときは、「 Saya kena bintik-bintik.」です。発音は、「 サヤ クナ ビンティッ ビンティッ 」。

そこに、かゆみがあるときは「 gatal ( ガタル ) 」。痛みがあるときは「 sakit ( サキッ ) 」といいます。

もし、友人やファーマシーで「いい薬はないか?」と聞きたいときには、「 Ada ubat yang sesuai? ( アダ ウバッ ヤン セスアイ) 」と尋ねてみてください。