マレーシアの気候、ベストシーズンと旅行代金が安い時期

マレーシアの全体的な気候

マレーシアは赤道に近い場所に位置しているので 1 年 365 日常夏。年中同じような服装で過ごせるのがメリットです。

また、マレーシアは熱帯雨林気候に属していて湿気の多い気候です。雨季には湿度が90%以上のことも多く、カビや咳など湿気ゆえの問題も。

年間の平均気温は 26~27℃程度です。最高気温が 34℃前後、最低気温 23℃前後と、日本の真夏に比べると過ごしやすく感じます。

注意
ただし油断は禁物。日中のじりじりと肌を焼く太陽の日差しには注意してください。

常夏でも季節の移り変わりがある?

マレーシアは常夏と書きましたが、モンスーンの影響を受けるため、実は季節が変化していきます。つまり、マレーシアに住んでいると季節の移り変わりを肌で感じるというわけです。

一般的にはマレーシアの季節は雨季と乾季に分けられますが、住んでいる身としては乾季というよりは「雨が多い時期とより暑い時期」という認識です。

ちなみに、気候はマレー半島西海岸/東海岸で異なり、また半島/ボルネオ島でも異なります。

また、乾季ではあってもスコール ( 雷を伴う急激なにわか雨 ) があります。スコールが起こる時間帯や長さは、週単位、月単位で変化しているように感じます。

本当にバケツの水をひっくり返したような激しい雨が降ります。相手の声が聞こえないため、しばしば会話を中断しなくてはなりません。