マレーシアで食べれるニョニャ料理とは?

ニョニャ料理って聞いた事ありますか?日本にいるときは、私もまったく聞いた事がありませんでした。あまり知られてはいないけど、実はマレーシアの独特の文化が生み出した独特なマレーシア料理。

今回は、そんなニョニャ料理の起源やニョニャ料理のご紹介です。

マレーシア版かき氷「チェンドル」は本場マラッカで食べるのが正解

ニョニャ料理とは

まずは、ニョニャ料理の起源について。マレーシアでは、中国系と他の民族との混血の子孫を「ババ・ニョニャ」と呼びます。「ババ」が海峡華人の男性、「ニョニャ」が海峡華人の女性を指しています。

その、「ババ・ニョニャ」の人たちが作り出した料理がニョニャ料理。中国人がマレーシアに移り住んだ15世紀頃からその歴史が始まっているものと思われます。

代表的なニョニャ料理

パイティー

上の写真の料理です。一応ニョニャ料理の中では前菜の位置付けとなっていますが、だいたいのレストランでは普通に一品として注文できると思います。

特徴はパリパリに揚げられたハットを逆さまにしたような器。直径5センチほどでしょうか。その器に切り干し大根にも似た雰囲気の大根の千切り、人参、エビなどが詰められています。

ちょっとスパイシーで揚げた器とよく合います。いくつでも入りそうな軽い食べ心地。

カンコン・ブラチャン

カンコンとは、日本語で空芯菜のこと。空芯菜をニョニャ料理独特の「ブラチャン」というエビベースの少しクセのある調味料で炒めます。

スパイシーでブラチャンが味に深みを加え、ご飯がよく進みます。日本では食べたことのない味ではないかと思います。独特の香りと後を引く味わいがクセになりますよ。

ニョニャ・ラクサ

ニョニャラクサ

by chee.hong

マレーシアには、その土地その土地で独特のラクサ麺があります。例えば、ペナンではペナンラクサ、ジョホールではジョホールラクサ、サラワクではサラワクラクサ。

そして、ニョニャは土地の名前ではありませんが、ニョニャの文化を受け継いだこれまた独特なニョニャ・ラクサが存在します。

ニョニャ・ラクサの特徴はココナッツ味とカレーがベースのピリ辛スープ。エビの出汁がスープの旨味と深みを加えています。とはいえ、カレーラクサほど辛くはなく、八角やシナモン、レモングラスなどのスパイス系が食欲をそそります。

ラクサ(Laksa)を食べずしてマレーシアは語れない?

サンバル・ウダン

サンバルウダン

日本でいうところのエビチリです、エビチリ。もちろん、あの中華のエビチリとは別物の料理ですが、エビとピリ辛のサンバルチリを絡めているあたりが、エビチリを彷彿させます。

新鮮なエビを皮まで柔らかく揚げ、辛味ソースサンバルで和えています。エビ好きにはたまらないメニューですね。

チンチャロ・オムレッ

チンチャロと呼ばれる、アミエビ?の塩辛を使ったオムレツです。オムレツと聞いて油断していましたが、チリの輪切りも入っていて、なかなか大人な味のオムレツでした。洋風オムレツはご飯には合いませんが、これならご飯が進みますね。

他にも

ここで挙げた以外にも、「オタオタ」、「ウダン・レマッ・ナナス」、「バク・シオ」、「アヤム・ポンテ」、「アチャー」、「アヤム・ブア・クルアッ」などなど、数多くのニョニャメニューが存在しています。

さらに、普通のナシゴレンでも、ニョニャ風ナシゴレンがありますし、ミーゴレンもニョニャ風ミーゴレンが。なんでもニョニャ風をつけてくと、限りなくたくさんメニューができますよね笑。

マレーシア版焼きそば、「ミーゴレン」

みんなの感想