マレーシアでおつまみといえば「ダーファ ドライフィッシュ スナック」

写真そのままですが、今日ご紹介するのはマレーシアのスーパーで売っているくせになるおつまみ、「ダーファ ドライ フィッシュ フィレ スナック(Dahfa dried fish fillet snack)」。

すごい人気です。大きさも大中小各種揃っていて、いくつかの会社から販売されています。色合いといい商品の中身といい、完全にパクって堂々と売ってるのがすごい。

マレーシアで一番おすすめのトイレットペーパーは「キューティーコンパクト」

このお店で見かけたのは2社でした。右がオリジナルの「ダーファ」、左がパクリ?

私は必ずオリジナルの「ダーファ」の方を買います。地元の友人たちも、結構オリジナル率が高いかも。

おやつにしては高め?

この日はセールしていたので、120g入りの中サイズが7.89リンギット(約 211 円)でした。

マレーシアの物価から考えると、安くはないですね。毎回どうしようかと迷う値段です。日本と比べて高いわけじゃないけど、マレーシアの他の食品の価格帯を考えるとちょっと躊躇してしまう。

ポテトチップが一袋3リンギット弱、コーラが500ミリ入りペットボトル2リンギット、などと比べると高い気がします。

でも、おいしいんですよね〜。魚のすり身を練りこんだ生地を乾燥させて焼き上げてるのかな?噛めば噛むほど味がしみ出てくる感じで、やめられない止まらない。

お父さんのお酒のおつまみにもぴったりですし、子供たちも大好きです。

【 マレーシアのおやつ 】魚のすり身の揚げ物「クロポッ・レコー」がやみつきになる!

小袋が便利でおすすめ!

大袋だと食べ過ぎちゃう心配がありますが、小さな食べきりサイズの小袋も売っていますので、ちょっとつまみたい時に便利です。

また、わたしの場合は日本へのお土産にも買うことがあります。小袋なら配るのにも便利ですし、あとすごく軽いので持って帰るのに大変便利です!

日本人なら馴染みのある、口に合う味だと思いますので、よかったらぜひ挑戦してみてくださいね。

【マレーシアのおやつ】やめられない止まらない、ピサンゴレンに隠された真実とは?