マレーシアの最新情報は公式Twitterで

【保存版】マレーシアにいても冷凍マグロさえあれば自分で解凍して食べれば大丈夫という噂

マレーシアの日本料理店でお刺身を食べようとしたら、結構なお値段にビックリ…。でもやっぱりお刺身は食べたい…、という皆さん!

最近では、マレーシアの田舎町でもタイミングによっては冷凍マグロが売られていることもあります。でも冷凍マグロの解凍って難しいんでしょ、って思われるかもしれません。

一番簡単なのは常温解凍なんですが、旨み成分のドリップが出てしまって、水っぽくなってしまいます。なので、少し一手間をかけて解凍することで、とってもおいしいマグロのお刺身が、比較的安価でゴチになれます。

Kura-kura.net流 冷凍マグロの解凍方法

冷凍マグロを軽く水洗いする

表面に結構くずや汚れが残っていますので、マグロをサッと水洗いします。マレーシアの水道水は温めの事がありますので、チャット、シャッとすばやく洗います。生食用なので、もちろん浄水器を通したキレイなお水で洗ってくださいね。

今回仕入れた冷凍マグロはこちら!ちょっと奮発して500gでRM35 (約千円)
温塩水で冷凍マグロの外側を急速に解凍する (約1分)

40℃のお湯に対して4%の塩を加えます。海水の塩分濃度と同じくらいになるようにすることで、冷凍マグロの表面を解凍した時の水っぽさがなくなります。

1リットルのお湯に対して大さじ2杯ちょいの塩(40g)が目安。なめて「しょっぱっ」ってなるくらいに調整してください。

今回使用した温水は1.5リットルなので、食塩は大さじ3杯強にしました

40℃の塩水ができたら、冷凍マグロをそのままむき出しで投入し、約1分待ちます。鮮度のよいマグロほど、お湯の中で縮んで変形してくるようです。

マグロを入れた時に、少し浮くぐらいの塩分濃度がちょうどいいようですね。

いい〜湯だなぁ〜

浸す時間は約1分〜1分半にしておきます。長すぎても良くなく、短すぎてもダメと言うことにしておきます。

お湯につけると、じゃっかん白っぽくなるけど大丈夫
マグロをお湯から引き上げて、しっかり水気を取る

マグロをお湯から引き上げたら、もう1度サッと水洗いします。そしてキッチンペーパーなどで、キッチンペーパーに水気がほぼ付かなくなるまでしっかりと水気を取ります(この工程とても大事)。

入浴後のマグロは白くなっていい感じ
マグロを氷水に浸けてさらに芯まで解凍する (約1時間〜1時間半)

冷凍マグロをキッチンペーパーに包み、ジップロックに入れます。その後、袋ごと氷水に投入し、約1時間待ちます。

お湯につけた後は氷水で…。サウナに入った後の水風呂感覚ですね

ジップロックの中の空気はしっかり抜き、しっかりと密閉します。

空気を抜くと、その分解凍がうまくいくとか、いかないとか…

ちなみに要領の良い🐢は、全行程を始めるまえに氷水を作っておきます。結構氷水に付けるまでの工程は忙しいんですよね。しかも、初めてだとバタバタします。始めに作っておくのがよし。

要領よく料理しましょう(何様!?)
冷蔵庫で少し寝かせる (約1時間)

氷水でマグロの解凍がある程度終わったら、ジップロックから取り出して、お皿に載せて、ラップをかけて、冷蔵庫に入れて、少し寝かせます。あとは切り分ければ、もうそれはそれはおいしいお刺身がご自宅でいただけます。

解凍マグロでよくある水っぽさが全くない引き締まった結果に

まとめ

さていかがだったでしょうか。意外と簡単にできちゃいます。氷水に付けるまでの最初の5〜10分が少し忙しいくらいで、後は適切に処理できれば、待っていればおいしいお刺身がいただけます。ご自宅でどうぞお試しください。

それにしても、銀色のやつがほしい…