【 マレーシアのお菓子 】ハッピータンのパクリ?でも人気の「テンテン オリジナルライスクラッカー」

こちらのお菓子、日本人が食べたら「これハッピータンのパクリやな」ってすぐに分かります。

せっかくパクってるのに、ハッピータンを超えてないのが悲しい。ちょっと湿ったハッピータン?的な感じです。

上の写真の特大サイズの「オリジナルライスクラッカー」は、40袋入りで11.60リンギット(約 314 円)でした。

パクリ&ちょい劣る味でこの価格。安いような高いような微妙な価格設定です。が、マレーシア人は大人も子供もみんな大好き。

マレーシア人の朝ごはん。

テンテンブランドとは

この「オリジナルライスクラッカー」はマレーシアの「テンテン」というブランドのお菓子です。

テンテンは日本のパクリお菓子が多くて、ほかにも「雪の宿」をパクったお菓子「スノーライスクラッカー」や、コアラのマーチに激似の「DAIKI」シリーズなどを販売。

ほんと、堂々と「雪の宿」のマレーシア版を商品化しちゃってます。でも、まあまあ味は似てますよ。決して雪の宿ではありませんが、そこそこおいしいです。

こちらもお値段は先ほどの「オリジナルライスクラッカー」と同じ11.60リンギット(約 314 円)。やはり大袋入りがお得ですね。

マレーシアでハッピータン&雪の宿が恋しくなったら、ぜひテンテンの「オリジナルライスクラッカー」&「スノーライスクラッカー」を思い出してくださいね。

マレーシアで売ってる日清「炒面の達人」焼きそばが予想外の美味しさでリピ決定!