マレーシアサラワク州の名物麺コロミーとは?

マレーシアのサラワク州で食べれる麺料理コロミー

マレーシアのサラワク州で食べれる麺料理「コロミー」をご存知でしょうか?もし、クアラルンプール周辺のみを観光されていたとしたら、出会ったことがない料理かもしれません。

コロミーとは、上の写真の料理です。「コロミー」とシンプルに注文すると、茹でた麺に味付けし、チャーシューや肉そぼろ、ネギなどをトッピングした汁なし麺が出てきます。日本で流行っているつけ麺ではなく、あくまで汁なし麺。

マレー語ではコロミーは「Kolo Mee」と書きます。「Mee Kolo」という人もいますね。サラワク州のシブ周辺では「Mee Kampua」という呼び名で呼ばれています。中国語では「干捞面」。

ちなみに、麺自体に醤油を絡めた「Kolo Mee Kicap (コロミーキチャッ)」とオーダーすることも可能。好みで選んでください。

気になるコロミーの値段

コロミーはとにかく安くて早く食べられるファーストフード的な朝食。

店によっては2.5リンギット(約 67 円)という激安価格で提供しているところもありますが、街角のコーヒーショップやフードコートで食べれる一般的な値段は3〜4リンギット(約 108 円)ほどでしょうか。

これにチャーシューや野菜などトッピングしていくと5リンギットくらいになることも。

コロミーの味

コロミーの味ですが、なんともシンプルで毎日食べても飽きのこないような味でございます。

お店によってオイリーだったり麺が茹ですぎだったりとクオリティに差があるものの、基本的な味付けは同じなのでは?と思うくらい、シンプルな味付けです。

基本的な味はネギやニンニクなどで香りをつけたいわゆる香味油に塩胡椒、味の素などが混ぜられている模様。

個人的には、やはり麺の湯で加減が美味しいポイントかなと思います。上手に茹でてあると調味料との絡みがちょうどよく、いくらでもスルスル入っちゃうおいしさです。

みんなの感想

サラワク州の州都クチンで食べれる絶品コロミーのお店

では、いよいよ美味しいコロミーが食べれるお店のご紹介です。サラワク州といってもかなり広いため、今回はクチンのお店に絞ってご紹介。

Kim Joo (裕錦)

Kim Jooは創業60年と言われる老舗のコロミー店。毎週通う人もいるほどの人気店です。

住所:73, Jalan, Jalan Ewe Hai, 93000 Kuching, Sarawak
電話番号:082-243 053
営業時間:6時30分~14時00分
定休日:月曜日

Sin Lian Shin Kolo Mee

こちらはローカルおすすめのクチンタウンで食べれるコロミーのお店。クチンで一番おいしいコロミーだと評する人もいる、ローカル絶賛のコロミーが食べれます?! 興味のある方はぜひ。

住所:No 182, Jalan Green, Sin Sin Park, 93150 Kuching, Sarawak
電話番号:082-240 726
営業時間:6時00分~13時00分
定休日:火曜日(不安な方は電話でご確認ください。)

クアラルンプール周辺でコロミーが食べれるお店

Aubrey’s sarawak kolo mee,sarawak laksa & tomato mee

まず最初にご紹介するのはサラワク料理をいろいろ扱っているお店「Aubrey’s Sarawak…」というお店です。コロミーはもちろんのこと、サラワクで有名なサラワクラクサも食べれるのがポイントです。

住所:Hock Thai Restaurant, 2, Jalan SS 2/103, SS 2, 47300 Petaling Jaya, Selangor
電話番号:012-978 7455
営業時間:7時00分~14時00分
定休日:月曜日

7’th mile kitchen

このお店もサラワク州の定番メニューを幅広く扱っています。クアラルンプールで食べれるベストサラワクラクサ!とオススメする人もいるくらい、人気のお店。サラワクまでは行けないけど、サラワクフードに触れてみたい方におすすめです。

住所:RG 24, Pangsapuri Kelana Sentral, Jalan Bahagia, SS 6, Ss 3, 47301 Petaling Jaya, Selangor
電話番号:016-228 3832
営業時間:7時00分~14時00分
定休日:月曜日

さいごに

サラワク州では西の端クチンから東端のリンバンに至るまでどこの街でも食べることができる、サラワク民のソウルフード。

サラワク州に旅される予定があれば、ぜひコロミーを食べて帰ってくださいね。いや、どうせならコロミーの食べ歩き目的でサラワクにいくのも楽しいかも?!

関連記事:マレーシア人の朝ごはん。