マレーシアでもいよいよ【デジタルノマドビザ】のシステムが始まるそうですよ

更新履歴

2022/10/1 外国人向けデジタルノマドビザについてのFAQの一部を追記しました。

マレーシア・デジタル・エコノミー・コーポレーション (MDEC) が少し前から、デジタルノマド向けのDE Rantau Nomad Passというものを準備していましたが、いよいよ2022年10月1日からプログラムにサインアップできるようになっています。

以前にノマドビザがある国をご紹介する記事を書きましたので、ノマドって何?とか、ノマドとフリーランスってどう違うの?という疑問についての詳しい答えはそちらの記事をご覧ください。

ノマドとしてマレーシアに住みたい人の問題

これまでノマドとして、会社に雇用されているものの在宅勤務OKな方や、フリーランスや個人事業主として仕事をされている方がマレーシアで長期間滞在したい場合の大きな問題はビザ問題でした。

マレーシアは、日本人なら最大90日ノービザで入国できるという制度があり、第三国に出国してマレーシアに再入国するという「ビザラン」や「チョップ」と呼ばれる手法を用いて滞在期間を延ばすという方もおられます。

でもこの方法ではマレーシアへの入国が保証されているわけではなく、イミグレで強制帰国を食らってしまう場合もあり、オススメできる方法ではありませんでした。

MM2Hを取るにはお金がない…、マレーシアの現地採用で就職したいわけではない…、というノマドの場合、なかなかマレーシアでの長期滞在にはハードルが高いものがありました。

そこで最近の世界のトレンドに合わせて出てきたのがこの「DE Rantau」というデジタルノマドビザです。

マレーシアで今回発表されたDE Rantauの詳細

では、マレーシアで2022年10月1日から申請が可能になるという、デジタルノマドビザの現時点で発表されている情報をさらっとカバーしてみたいと思います。

デジタルノマドの定義とその証明

自分で仕事をやりくりするフリーランスだけでなく、日本やその他の国で雇用されていても、在宅ワークが可能な人であれば、デジタルノマドビザの申請が可能なようです。

  • デジタル分野のフリーランサー、個人事業主
    国内外を問わないクライアントからの業務委託の契約書 (最低3か月分で、複数のクライアントにまたがってもOK)
  • フルタイムまたはパートタイムのリモートワーカー (企業に就職しているものの、出社する必要がない人など)
    マレーシア国内の企業を除く企業との雇用契約書 (最低3か月)

ビザの対象となる業種

業種はこれでもかというくらいにデジタル系に特化しています。

  • IT系: ソフトウェア開発、UX、UI、クラウド、サイバーセキュリティ、ブロックチェーン、AI、機械学習、データ処理関連
  • デジタルマーケティング系
  • デジタルコンテンツの創作系
  • デジタルコンテンツの開発系 (デジタル系ならなんでもよし)

ビザの申請対象となる年収

ビザを申請できる最低年収は24,000米ドルとなっていますので、細々とフリーランスとして仕事をしながら、物価の安いマレーシアでのんびり暮らしたいという人にはハードルは高めなのかもしれません。

とはいえ、MM2Hのようなビザの条件と比べると、月換算2,000米ドルなので、手が届かないほど高いというわけでもなく、絶妙な線引きをしてきたなというのが第一印象です。

マレーシアのデジタルノマドビザの種類

今回のDE Rantauデジタルノマドビザには、Pas Lawatan Ikhtisas (PLIK)という現行のビザを使うようです。

Pas Lawatan Ikhtisas (PLIK) は、交換職業訓練性、ボランティア、騎手、アーティスト、映画撮影、宗教の聖職者などに発給されるビザとのことです。詳しくはイミグレーションの公式サイトをご確認ください

マレーシアのデジタルノマドビザの特典

  • 3か月以上12か月までマレーシアでの滞在が認められる
  • 追加で12か月の延長の申請が可能
  • 配偶者と子供の帯同が可能

マレーシアのデジタルノマドビザの申請費用

  • 本人: 1,000リンギット
  • 帯同者: 500リンギット

税金の扱いなど、その他の詳細な点は徐々に公開されると思いますので、DE Rantau公式サイトを確認するか、Kura-kura.netのTwitterアカウントをフォローしておいてください。

ノマドの滞在先としてなぜマレーシアを選ぶのか?

マレーシアの都市部ではデジタルインフラが充実していて、不便を感じることはあまりありません。

日本からも直行便で6-7時間ほどと比較的近いため、クライアントとの対面式の会議への出席や、緊急事態の帰国なども容易で安心です。

DE Rantauの公式ページにはこんな理由も挙げられています。

コワーキングスペースなど、自宅以外で作業を行う環境が山ほどあります。

DE Rantau公式サイト

とはいえ、マレーシアのジャングルの中で岩の上に座って仕事は決してしないようにご注意ください。

マレーシアでノマド生活をするのに欠かせないネット環境

マレーシアでは携帯電話網を使ったインターネット接続や、カフェなどでの公共Wi-Fi接続が可能な場所も充実しています。

ただし、公共Wi-Fiなどに繋いで仕事をする場合、情報漏洩にはくれぐれもご注意ください。VPNサービスを活用するなど、何らかの対策は必須です。

またウェブライターなどとして生計を立てておられる場合、マレーシア(外国IPアドレス)からウェブサーバーに繋ぐと、接続を拒否られる場合があり、この場合もVPNサービスが必要です。

私も日常的に使っているお得なVPNサービスについては記事にまとめてありますのでそちらをご覧ください

かべネコVPNの割引クーポン

VPNページの執筆時にお世話になった「かべネコVPN」さんから、当サイト専用の割引クーポンを発行していただいています。

購入画面の [クーポン] 欄に「KR999」と入力していただくと、全プランがさらに10%オフで購入できます。

詳しくはVPNについてのこちらの記事をご覧ください。

マレーシアのデジタルノマドビザについてのよくある質問

2022年10月1日の申請開始と同時に、公式サイトから「よくある質問集」のPDF版がダウンロードできるようになっています。その一部をざっくり翻訳してみます。

一般的なよくある質問

マレーシアのデジタルノマドビザの申請時にマレーシアに滞在している必要がありますか?
いいえ。
申請の年齢制限はありますか?
申請者は18歳より上 (above 18 years old) である必要があります。
家族を帯同できますか?
配偶者、事実婚のパートナー、18歳未満の実子または養子 (障害を抱えている場合は年齢制限なし) は帯同可能です。
帯同している配偶者はマレーシアで就職できますか?
いいえ。
帯同する家族がマレーシアに入国する場合、ノマドビザ保有者に同伴する必要がありますか?
ノマドビザ保有者がマレーシアに入国した後であれば、帯同家族は個別に入国可能です。
マレーシアのデジタルノマドビザはマルチプルビザですか?
はい。出入国は自由です。
申請時のパスポートの有効期限が6か月以内の場合、デジタルノマドビザの有効期限はどうなりますか?
申請の要件として、パスポートの有効期限が14か月以上なければなりません。新しいパスポートを取得してください。
DE Rantauのノマドビザでマレーシア国内の銀行の口座を持てますか?
マレーシアのほとんどの銀行では、この種類のビザの保持者の銀行口座の開設を受け付けていません。詳細についてはご希望の銀行にお尋ねください。
帯同する子供はマレーシアの学校に入学できますか?
学校によって要件が異なります。詳細についてはそれぞれの学校にお尋ねください。
DE Rantauのノマドビザで、サバ州やサラワク州に滞在できますか?
現時点では、このノマドビザでは西マレーシアでしか滞在できません。サバ州やサラワク州へ入境する場合は、それぞれの州の観光パスを使用することになります。

デジタルノマドビザの申請に関するよくある質問

マレーシアのデジタルノマドビザの手続きにはどれほどの時間がかかりますか?
申請書は提出から4週間以内に処理されます。申請が受理された後、約1週間でビザが発行されます。
デジタルコンテンツの作者で、特定のクライアントとの契約がありません。その場合はどうすれば良いですか?
ご自身がデジタルフリーランサーであることを証明する必要があります。デジタルコンテンツの作成によって得られている売上の証明を添付してください。
申請時に必要なスポンサーはどんな人がなれますか?
マレーシアに登記されている会社でなければなりません。デジタルノマドビザの申請のためのスポンサーを見つけるのが難しい場合は、MDECがスポンサーになることも可能です。詳細についてはMDECにご確認ください。(MDECがスポンサーになる場合の保証金は、日本人の場合RM1,000です)
デジタルノマドビザの申請が却下された場合はどうなりますか?費用の払い戻しは行われますか?
却下の日から6か月以内は不服申し立てが可能です。却下された場合、支払った費用の75%の払い戻しが受けられます。
デジタルノマドビザの有効期限が切れた場合どうなりますか?
現在のビザの有効期限の2か月前から延長申請が可能です。
現在就労ビザでマレーシアに滞在しています。就労ビザが切れた後にデジタルノマドビザに切り替えるためには、マレーシアを1度出国する必要がありますか?
マレーシア滞在中に申請が可能です。現在の会社のリリースレターが必要です。また、現在の就労ビザの有効期限の短縮の手続きが必要です。
現在学生ビザでマレーシアに滞在しています。卒業後にデジタルノマドビザに切り替えることは可能ですか?
マレーシア滞在中に申請が可能です。大学課程を修了したことを示すリリースレターと成績証明書を大学に発行してもらい、現在の学生ビザの有効期限の短縮の手続きが必要です。

デジタルノマドビザの税金に関するよくある質問

マレーシアのデジタルノマドビザの保有者はマレーシアで税務申告を行う必要がありますか?
マレーシアの現在の法律では、デジタルノマドが得た収入に対してマレーシア国内で課税することはできません (1967年所得税法、セクション7)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA